ブログ運営

【主張型の文章構成】読まれる記事とは?【初心者向け】解説

へびくん
へびくん
ブログの文章構成や書き方がわかりません!
ねっとここむ
ねっとここむ
ブログの正しい文章構成は1つだから学んでいこう!

初めてブログの文章を書くとなると文章構成や書き方に注意を向けてしまいがちで、アクセス数や収益の前に引っかかる難関を最初のうちにスッキリさせてしまいましょう。

文章構成と書き方をマスターしてしまえば、Googleからの評価にいい影響をもたらすので、序盤から収益の上げやすいサイトになります。

今回は、読者に読まれる文章構成と書き方を解説していくので、理解できなかった個所はリンクを使って復習しながらしっかりと学んでいきましょう!

文章構成の理想とは?テンプレをうまく使って書き方を習得!

  1. 文章構成の理想とは?
  2. 読者の読みやすい書き方!
  3. 気をつける注意点!
へびくん
へびくん
どんな文章構成が読まれるのかわからない!
ねっとここむ
ねっとここむ
テンプレートに沿って学ぶといいよ!

YouTubeやブログ記事などの情報媒体にて模索すればたくさんの解説がありますが、ジャンルによってテンプレートが異なるので各文章によって正解が矛盾していることが良くあります。

10記事書き終えたのに、おすすめの文章構成が間違っていたらリライトが大変なのでその前に文章構成の正解をお伝えします。

今回紹介するテンプレートは、あくまで読者に読んでもらえる文章構成なので目的によっては他のテンプレートを使った方がいいこともありますが、最初のうちは迷わず利用していきましょう!

主張型で文章構成を整える

ある定義に対して異議を申し立てる際には、意見と根拠の2つを組み合わせて使うことで読者への説得力をアップさせることができるので、称賛されるブログ記事を構成することができます

見栄えも大切ですが、文章で一番大切のなモノはニュースや記事で使われている文章構成である主張型が望ましいと言えます。

ブログは読者に読まれて共納、納得、理解されるので、主張型なしに文章を綴っていも矛盾して今うことが多いので注意していきましょう。

では、細かく主張型の文章構成について解説していきます。

主張型のテンプレート構成

主張型テンプレート構成

  • 主張する
  • 理由を書く
  • 具体例を書く
  • 反論の理解を書く
  • もう一度主張する

主張→理由→具体例→反論→主張」の形は疑問に対する答えを示しているので、サイトを訪れた読者の理解を買うことができます。

ブログ記事というのは長文になれば執筆内容を途中で忘れがちですが、主張型は読者の身になって問題意識を解決していくので、文章の形を忘れることなく書き上げることができます。

読者というのはある問題意識を抱えてブログサイトで解決を目的として訪れてくるので、問題意識の解決できない記事は必要とされないです。

具体的にどんなモノ?

(例)主張型テンプレート構成

  • 主張する
  • (集中力を高めるにはカフェでの作業です。)

  • 理由を書く
  • (人は誰かに見られているとやる気がます。)

  • 具体例を書く
  • (僕は毎日カフェで作業をしています。)

  • 反論の理解を書く
  • (作業部屋もいいが、効率が下がってしまう。)

  • もう一度主張する
  • (集中力を高めるにはカフェでの作業です。)

文章構成のテンプレート

文章構成のテンプレート

  • 導入結論を書く
  • (読者の疑問と結論を書きます)

  • 理由を書く
  • (導入結論の理由)

  • 具体例を書く
  • (なぜそうなるかの具体的解説)

  • 結論を書く
  • (結論はまとめとして書く)

最初の冒頭にて導入結論を書いておくと、サイトを訪れた読者が再度問題意識の認知ができるので最後まで閲覧してくれる確率があがります

そこで読者の問題意識を他に作ってあげることができれば、さらなるアクセスアップが期待できるので、ここで初めて内部リンクが活躍するということです。

他にもブログの文章を書くにあたってテンプレートがありますが、アクセスアップを狙うのであれば、進んで利用していくことです。

読者の読みやすい書き方!直帰率を低くするテクニック!

  1. 文章構成の理想とは?
  2. 読者の読みやすい書き方!
  3. 気をつける注意点!

リズムのあるレイアウトのされた文章構成は読者に読みやすいとされるので、最後まで文章を読んでもらえます

通常の文章は文面の最後を「。」で改行をしますが、文章が長くなってしまうケースも多々あります。

例えば、下記のようなケースですがリズミカルのない文章で読みづらいといった印象が大きいです。

文章構成と書き方文章構成と書き方文章構成と書き方文章構成と書き方文章構成と書き方文章構成と書き方

文章構成と書き方文章構成と書き方文章構成と書き方文章構成と書き方文章構成と書き方文章構成と書き方

文章構成と書き方文章構成と書き方文章構成と書き方文章構成と書き方文章構成と書き方文章構成と書き方

読者が有力な情報の書かれたブログにアクセスしても、読む気力が失せてしまう可能性が高くなるので、即他のページに移ってしまいます。

ただ有力な情報を文章で綴っても、読みずらい文章は好まれないということがわかっているので心がけて文章を書けば大丈夫です。

リズム感のある文章を作るのはかんたんに作ることができるので、一度リズミカルなブログ記事を作成して読み返してみましょう!

文章構成と書き方文章構成と書き方文章構成と書き方文章構成と書き方文章構成と書き方文章構成と書き方

文章構成と書き方文章構成と書き方

文章構成と書き方文章構成と書き方文章構成と書き方文章構成と書き方文章構成と書き方

文章構成と書き方文章構成と書き方文章構成と書き方文章構成と書き方文章構成と書き方文章構成と書き方

上記のようにまとめておけば、文章に飽きることがないので途中で他のページに移るということを回避することができます。

ここで覚えておきたいのは、文章のリズムは改行の使い方ということなのですが、日ごろから心がけておかなければ使えないので、下記を頭の隅に置いておくと便利です。

×前者⇨3行、3行、3行
◯後者⇨3行、1行、2行、3行

段落ごとに気を付ける

どんなに長い文章になったとしても、段落を4行以内にまとめられるように意識をして構成していきましょう!

文言によっては1文が長くなってしまうこともありますが、文字だけの文章が5行あれば、気持ちの悪い文章になってしまいがちです。

せめて長文でも30文字以内で文章を構成すると意識しておけば、質の高いブログ記事を構成することができるので、一度完成した記事は2度見返すことが望ましいです。

同じ語尾を連続させない!

読みにくい語尾の使い方

  • 私は〇〇しました。
  • 次に〇〇しました。
  • 〇〇は〇〇でした。
  • なので、〇〇しました。

文章構成に気を取られてしまい、連続で同じ語尾を使ってしまうケースが多く見受けられるのですが、段落同様に気持ちの悪い文章になってしまうので気を付けていきたい部分になります

実際にこのような記事を構成している方は、自身では気づかない傾向があるので無意識に行っていることが多いので、身近な人に一度添削をしてもらうのがいいです。

簡単な仕事を受けて、添削を受けられるモノは多数存在するので記事を書くことに抵抗がなくなった段階で一度、ライティング受注をしてみるのも一つの手段です。

読みやすい語尾の使い方

  • 副業するならブログです。
  • ブログを本業にする人もいます。
  • つまり、十分稼げる証明をしてます。
  • 副業を本気でやるならブログです。

かんたんに解説してしまえば、文章の語尾を3回以上使うのは読者に読まれない記事になるので、日々のライティングから文章語尾=2回と決めて執筆をしていくことです。

慣れてくれば、「しましょう」などの文章を使いこなすことができるようになるので、自身ペースでゆっくりと記事を書いていきましょう。

気をつける注意点!ブログは文章構成+α

  1. 文章構成の理想とは?
  2. 読者の読みやすい書き方!
  3. 気をつける注意点!

ここまでブログの書き方について学んできましたが、ブログ記事を構成する前に終わらせておきたい設定である、「ペルソナ設定」「テーマ設定」「キーワード選定」があるので、かんたんに解説していきます。

後からでも設定はできるのですが、最初に決めておくことで読者の問題意識に沿った文章を書くことができるので、質の良い記事としてGoogleから評価を受けられます。

ペルソナ設定とは?

ターゲット=ペルソナ だと認知することは間違えなので、一度考え方を見直していきます。

ターゲットというのは「30代男性社長」などの大まかな人物設定のことを示すので、ペルソナとは全く別のものだと認識しましょう!

特定の人物を事細かに設定することをペルソナ設定というので、読んでもらいたい読者の人物像を下記に沿って決めていくと、読者の問題意識だけでなく、興味関心のある事にも築きを得ることができます

ペルソナ設定

  • 年齢
  • 居住地
  • 趣味
  • 仕事

ターゲットと比較すれば、ペルソナ設定は人物像を明確に定めることができるのでジャンルを絞るだけでなく、言い回しや導入を正確に使うことができるので、覚えておきましょう!

ペルソナ設定を応用すると読者のニーズを理解した上で解説することができるので、読者目線で伝わりやすい文章から共感を得やすくなります

テーマ設定

ブログ記事の書き方や文章構成も十分に大切ですが、テーマと内容が合致していないと読者はサイトを訪れても直帰していしまいます

文章のテーマは内容をコンパクトにまとめたモノなので、専門性を高めるために書きたいテーマを一つに絞って、文章構成をしていくと執筆しやすくなるのはもちろん、理解できる文章になります。

キーワード選定

Googleなどの検索エンジンに評価されなければ、ブログでのアクセス数はもちろんのこと、読者に読まれることもないので、キーワード選定はしっかりしていきましょう。

キーワード選定を定めることで、ペルソナ設定やテーマ設定しやすい環境を作ることができます

ちなみに、この記事のキーワードは、、、

「ブログ」「構成」「書き方」

キーワード選定はツールを使ってやるので、無料ツールであれば、ラッコキーワードを使っていきましょう!

僕が使っているのは有料ツールで、GRCと言うものが便利です。

まとめ:読者を一番に思って執筆する!

文章構成と書き方というのはブログを継続することによって、だれでも学習することができますが、記事に決まった形の文章構成はないので、テンプレートに沿わなくても読者に伝わりやすい書き方なら大丈夫です。

最初のうちは、「主張型」を上手く使って多くの読者の共感を生んでいくことが大切なので、テンプレートを進んで使っていくことです。

読者のことを考えた文章を作り上げることができれば、自然とアクセス数は増えていき、Googleからの評価も良く受けられます。

ABOUT ME
まふゆ らん
ブログを長いことやっています。 ブログ|アフィリエイト|猫を日々愛して毎日を送っています。 フリーなので、大体はPCかスマホとのにらめっこです。 人生の歩み方はそれぞれなので正解も間違えもないという信念を持ち合わせる。
RELATED POST