Wordpress設定

【WordPress初心者】におすすめなプラグイン【ブログ】解説

WordPressの設定を終えたら、いよいよブログ記事を書く準備に取り掛かっていきます。

その前に、プラグインをいくつかダウンロード(インストール)したほうが執筆しやすいです。

なので、今回は知識の浅い初心者が最初にダウンロード(インストール)するべきなプラグインを紹介していきます。

まふゆ

プラグインって何!

らん

いきなり難しそうなのきた!

WordPressで言うプラグインとは、サイト運営している個人がそれぞれ「好みの機能をカスタマイズして取り入れられるツール」です。

つまり、プラグインは使う人によって左右してくるシステムだと解釈できます。

私が使っているプラグイン達
  • ① All in One SEO
  • ② Jetpack
  • ③ Smush
  • ④ W3 Total Cache
  • ⑤ BackWPup
  • ⑥ Category Order and Taxonomy Terms Order
  • ⑦ Rich Table of Contents

プラグインは個人の価値観によるモノなので、入れたくない機能は省いて大丈夫です。

ただ、これらのプラグインすべてを省くのはナンセンスだと考えられます。

サイトの表示速度や外観、SEO対策」等の役割を果たしてくれるプラグインは必要不可欠であり、1つもプラグインを導入しない選択はブログを諦めている証拠になります。

まふゆ

まず、どんな機能をカスタムできるか見てみよう!

らん

正式には拡張ツールだけど、便利ツールだよ!

この記事を見てわかること
  • WordPressを始める際に必要なプラグイン
  • おすすめプラグインの詳細
  • プラグインの導入方法

プラグインを上手く使うことによって、ブログをより華やかな状況下で運営することが出来ます。

そのため、自身に合った拡張ツールを見つけることが大切です。

また、①から⑦までの番号で「若い順に重要なプラグイン」となっているので参考にしてもらえると嬉しいです。

初心者が使うべきおすすめなプラグイン7選

WordPressのプラグインをすべて導入するのは量が多すぎるので無理です。

また、人によっては全く必要性のない拡張ツールもあるので詳細を確認しながら「最低限必要なプラグイン」を厳選していきましょう。

まふゆ

プラグインを複数所持すると「サイトの表示速度」が遅くなるよ!

らん

プラグインを更新した際に「何らかの影響でサイトが壊れる」こともあるからね!

このようにプラグインの更新でサイトが表示されなくなることがあるので、最低限のプラグインが最良だと言えます。

初心者が使うべきおすすめなプラグイン
  • ① All in One SEO
  • ② Jetpack
  • ③ Smush
  • ④ W3 Total Cache
  • ⑤ BackWPup
  • ⑥ Category Order and Taxonomy Terms Order
  • ⑦ Rich Table of Contents

WordPressにこれらのプラグインを入れることで大抵の機能を補ってくれるので、知識の浅い初心者の内は導入すると良いでしょう。

① All in One SEO

wordpress-plugins

ブログを運営するとなれば、「SEO対策(検索エンジン最適化)」から背いてお金を稼げるほど甘い世の中ではありません。

知識の浅い初心者がブログに参入した際に「専門的知識を身に付ける」となれば、多大な時間と労力が失われることでしょう。

そんな状況を一辺に解決してくれるプラグインが知識の浅いうちは必要です。

まふゆ

All in One SEO」だよ!

らん

海外のSEOチームが開発したプラグインになってるよ!

All in One SEOのできること
  • タイトルの設定
  • キーワードの設定
  • ディスクリプション
  • Noindexの設定
  • Googleアナリティクスとの連携
  • Googleサーチコンソールとの連携
  • ソーシャルメディアの設定

上記以外にも様々な機能を兼ね備えたプラグインですが、使い勝手が良すぎてブログ運営が捗ります。

それでは、All in One SEOに秘められた機能を解説していきます。

タイトルの設定

ブログ記事のまとめ役である「タイトルの設定が可能」になっています。

正式に言うと、タイトルタグをクリック一つで完結させることが出来るので、知識の浅い初心者でもかんたんに編集が可能です。

投稿日時や投稿タイトル、サイトタイトル」等の様々なタグが用意されているので、自分の好みを追及することが出来ます。

キーワードの設定

メタキーワードを設定することが出来るので、SEO対策に特化したモノだと言われています。

現在では検索エンジン(GoogleやYahoo!、Bing)等の評価には関係ないとされていますが、アップデートにてキーワードが評価される可能性は高いとも受け取れます。

SEO対策を設定するのであれば、様々な機能を兼ね備えていると「評価基準が変動」した際に、即対応が出来るので嬉しいです。

ディスクリプション

検索エンジン(GoogleやYahoo!、Bing)等に表示される際にはディスクリプションと呼ばれる「記事の説明文が一緒に表示」されます。

このディスクリプションは設定していなければ、投稿した記事の冒頭から160文字を切り取って自動的に生成されますが、それだとSEO対策的にはよろしくありません。

All in One SEOではディスクリプションを自身の作成した文章で構成できるので、アクセスアップに繋がる機能であることが言えるでしょう。

Noindexの設定

ブログ記事が検索エンジン(GoogleやYahoo!、Bing)等から評価される際には「いくつかの工程が存在している」ので、Noindexの設定は非常に役立ちます。

評価の流れは「クロール→index→ランキング」です。

まふゆ

クロールはかんたんに解説すると「サイトの巡回」だよ!

らん

ランキングは「検索順位」のこと!

indexは検索エンジン(GoogleやYahoo!、Bing)等に表示されることを指しているので、Noindexとは表示させないことを示していると分かります。

ブログサイト内の評価を下げてしまう記事をNoindexすることで、評価を保つ役割を持っています。

Googleアナリティクスとの連携

Googleアナリティクスとは「Googleが提供するアクセス分析」のツールです。

All in One SEOと連携させることでサイトの改善点やコンバージョン率と言う、サイト内の結果に繋げやすくなります。

つまり、GoogleアナリティクスとAll in One SEOの連携は今後のブログ運営に良い影響を齎すということです。

Googleサーチコンソールとの連携

Googleサーチコンソールとは「Googleが提供する検索結果分析」ツールです。

これはユーザーが検索するのに使った文言や表示回数、クリック回数等を分析してくれるので、検索結果の順位等を知ることが出来ます。

読者を付けてブログでお金を稼ぎたいのであれば、アクセス数が必要になってくるので、検索結果の分析は必要不可欠です。

XMLサイトマップの送信

ブログ記事はいくらでも記事を量産することが出来るのですが、数だけ保有していても検索エンジン側から見つけられるわけではありません。

クローラーがサイト巡回をしてくれるからブログ記事は検索結果として読者に読まれるので、「XMLサイトマップが無ければ記事が世の中に配信されることはない」です。

しかし、All in One SEOがあればXMLサイトマップを自動で作ってくれます。

つまり、「新しい記事を投稿した際や記事を更新して新しくした際」には、XMLサイトマップによって一定の時間毎に検索エンジンへ知らせてくれるということです。

ソーシャルメディアの設定

ソーシャルメディアと言えば「TwitterやFacebook、Instagram」等の幅広いSNS媒体を指しています。

設定を行うと、記事を投稿した際に自動的にSNS媒体でも投稿してくれるという仕組みです。

SNSでは文章が持ち味ですが、画像での投稿はさまざまな年代に影響を齎します。

その画像の大きさ等をクリック一つで変更することも出来るので、「拡散力が欲しい方には有難い機能」になっています。

② Jetpack

wordpress-plugins

ブログ記事を投稿するならパソコンを使わないと出来ないと思いがちですが、「Jetpack」のプラグインを使うことでスマートフォンから楽々と投稿や編集等を行うことが出来ます。

XMLサイトマップやソーシャルメディア共有、パフォーマンス設定」等の様々な機能を持ち合わせており、多くのブログサイト運営者が愛用しているプラグインです。

私がJetpackを使う理由としてはスマホのアプリでかんたんに記事を投稿することが出来るからです。

まふゆ

もちろん、Jetpackで使える機能は何点か利用してるよ!

らん

設定に難ありだから画面録画した状態で設定をした方が良いかも!

実際に私が知識の浅い初心者だった頃にJetpackのプラグインに多くの時間を費やした経験があるので、プラグインの中で最も「気難しい子」であると感じています。

話を戻しますが、たくさんの機能を持ち合わせているJetpackでは「スマホ操作以外にも多数の機能」が存在してます。

Jetpackのできること
  • スマートフォンでの投稿管理
  • セキュリティ設定
  • パフォーマンス設定
  • 新たなウィジェット機能の解放
  • ディスカッション設定

上記以外にも使える機能はたくさんありますが、他のプラグインで賄っていることが多いです。

最も使い勝手の良い「スマートフォンでの投稿管理」は場所を選ばずに作業することが出来ることから、ブログ運営を始めようを感じている方に使ってほしい機能です。

それでは、Jetpackに秘められた機能を解説していきます。

スマートフォンでの投稿管理

WordPressを使うならパソコンでという方がほとんどですが、Jetpackのプラグインを導入するとスマートフォンからも記事の「執筆や投稿、分析」等のブログ運営に関する機能を使いこなすことが出来ます。

つまり、インフルエンサーやYouTuberのようにスマホ1つで「お金を稼ぐ」ことがブログ運営でも可能になるということです。

この機能があれば、手元にパソコンやインターネット環境が無くても記事の執筆が出来るので「場所を好まず、好きな時に作業を熟す」ことが出来るようになります。

セキュリティ設定

セキュリティ問題と言えば「外部からの不正アクセス」が気になる所です。

ブログ運営ではHTML言語やCSS言語のプログラミングスキルが磨かれますが、ホワイトハッカーのようなスキルは一切身に付きません。

つまり、自分のサイトを自分のプログラムで守ることは厳しいです。

しかし、Jetpackではブログサイトがオフライン状態の際に通知が来るように設定が出来たり、不正アクセスを防ぐことがかんたんに設定出来ます。

まふゆ

Jetpackはセキュリティのメインのプラグインってことかな!

らん

Jetpackは幅広い役割があるんだよ!

パフォーマンス設定

任意のブログサイトを読者に見てもらうには、ブログサイトの「表示速度の速さが重要」になってきます。

せっかく訪れてきたユーザーでもサイトの表示が遅かったら、他のページへ行ってしまうのが現実です。

つまり、表示速度はブログ運営を行うために対策しておきたい一つということです。

まふゆ

表示速度は「Lazy Load」っていうよ!

らん

Lazy Loadは画像の読み込みを後回しにして、サイトの表示速度を上げること!

私はLazy Loadを他のプラグインで補っているので、Jetpackでは使っていませんが十分有能な機能です。

新たなウィジェット機能の解放

ウィジェット機能はブログサイトでは「アフィリエイトリンクやプロフィール、カテゴリー」等の読者に見てもらいたいモノを表示する補佐役のような役割を持っています。

Jetpackを使うと条件を付け加えれば、「表示させたい場所」に的確に表示させることが出来るので、アフィリエイトを頑張りたい方におすすめです。

特化ブログや雑記ブログ等の様々なブログ形態がありますが、読者に適切な商品を紹介しないと購入してくれません。

このことから、このウィジェット機能を使えばお金稼ぎが上手くなるかもしれません。

ディスカッション設定

ブログで読者のファンを集めたい方には嬉しいディスカッション設定は、「新規記事の通知を読者にメールでお知らせ」してくれる仕組みを作ることが出来ます。

実際にウィジェット機能として「ブログ購読(Jetpack)」と追加されるので、比較的わかりやすいです。

知識の浅い初心者でも読者が購読するための登録フォームをかんたんに設置することが可能なのでおすすめです。

まふゆ

リピーターを大切に出来るね!

らん

そういうこと!

③ Smush

wordpress-plugins

Smushと呼ばれるプラグインを使う理由は、私がブログ記事内に「画像をアップロード」をするからです。

ブログサイト内で画像を使いすぎると動作が重くなるので、読者にとって読みづらいサイトと認識されてしまいます。

なので、画像を使うのであれば「画像圧縮」を心がけていくと良いです。

まふゆ

画像圧縮をしないとホントにサイトの読み込みが遅くなるよ!

らん

テスト記事に画像を数個張って投稿してみると唖然となるよ!

Smushでできること
  • 画像圧縮

元々は「EWWW Image Optimizer」というプラグインを使っていたのですが、「Smush」の方が私に合っていると感じたので、画像圧縮にはSmushを使っています。

Smushに秘められた機能は画像圧縮がとても効率的だということです。

④ W3 Total Cache

wordpress-plugins

ブログ運営を続けていると「サイトの表示速度が遅くなる」という悩みを誰もが持ちます。

それはアクセス数が増える毎に悩まされるブログの天敵ともいえることでしょう。

W3 Total Cacheというプラグインでは「キャッシュ問題を解決」をしてくれる機能があるので、キャッシュによるサイトの高速表示を試したことが無い人ほど試してほしいです。

まふゆ

キャッシュってなんだろ!

らん

一度開いたページをその都度保存して、再来した際にすぐ表示させること!

W3 Total Cacheでできること
  • ページのキャッシュ
  • データベースのキャッシュ
  • オブジェクトのキャッシュ
  • ブラウザのキャッシュ

つまり、キャッシュによるサイトの高速化は「プラグインの量やLazy Load、画像の圧縮」等とはまた別の話だということです。

CDNサービス」である、Cloud Flareも大切で2つで1つの役割があります。

また、W3 Total Cacheを使うことによって「CDNサービス」を活用することが出来るので、おすすめです。

まふゆ

CDNサービスとはアクセスの負担を分散させるシステムだよ!

らん

アクセスが集中したらサイトが「動かなくなる」からね!

⑤ BackWPup

wordpress-plugins

予期せぬ事態が発生してWordpressで作ったブログサイトが消えてしまったら、「これまで作成した記事が水の泡」になってしまいます。

知識の浅い初心者で好奇心の多い方はプログラミングコードを触ったりするので、意外とBackWPupのプラグインは必要になってきます。

また、自動バックアップや手動バックアップの2つからバックアップ方法を選択することも出来るので、スケジュール管理をすることも可能です。

まふゆ

バックアップできるプラグインは最低1つ必要!

らん

記事は書くのが大変だけど、消えるのは一瞬だからね!

BackWPupでできること
  • 自動バックアップ
  • 手動バックアップ

登録したスケジュールでWordpressのデータである「画像や記事、プラグイン」等をバックアップするなら、BackWPupが使い勝手良いです。

⑥ Category Order and Taxonomy Terms Order

wordpress-plugins

名前が凄まじく長いですが、機能はとてもシンプルで「カテゴリー」の順番を整えてくれるプラグインです。

このプラグインを知識の浅い初心者が使っているかどうか問われると、ハッキリとは言えませんが私は使っていました。

カテゴリーは登録した順番に重なるので、途中で長い名前を入れたりすると見栄えが悪くなります。

まふゆ

見栄えを整えたいなら入れるべきだよ!

らん

最初はカテゴリーを作る機会とかないけどね!

Category Order and Taxonomy Terms Order
  • カテゴリーの順番を変更

操作方法がシンプルで使いやすいので、サイトの見栄えに気を付けたいという方はこのプラグインを使ってみると良いです。

⑦ Rich Table of Contents

wordpress-plugins

ブログ記事を投稿する際に「目次を付けたい」という方向けのプラグインがRich Table of Contentsです。

設定方法がかんたんなので、気分によって目次を表示させたり、非表示に変更したりすることができます。

設定できる目次のデザインがどれもシンプルな作りになっていて、どんなブログ記事でも適応できることでしょう。

まふゆ

目次の色や形、表示方法」等を変更できるよ!

らん

目次が必要ない時には消せるから便利!

Rich Table of Contentsでできること
  • 目次を記事上部に表示させる

上級者用の設定方法や応用設定があるので、自分好みの目次デザインを作成したい方も使えます。

ABOUT ME
まふゆ らん
ブログを長いことやっています。 ブログ|アフィリエイト|猫を日々愛して毎日を送っています。 フリーなので、大体はPCかスマホとのにらめっこです。 人生の歩み方はそれぞれなので正解も間違えもないという信念を持ち合わせる。
初心者でも安心WordPressテーマ3選
  • AFFINGER6

    知識の浅い「初心者から上級者まで幅広く使えるWordpressテーマ」です。 簡単にオリジナルのデザインを作ることが出来るので、「サイトの見栄えを整えたり、広告を見やすく配置する」ことが可能です。 また、SEO内部対策がされているので検索上位表示が望める他、広告費で稼げる可能性が高まります。 経験を積めば「デザインとWEBマーケテイング」でよりお金を稼ぐアフィリエイターをして活躍することが出来ることでしょう。
  • THE THOR

    「プログラミングの知識が無くてもおしゃれなブログサイトが作れます。」 このWordpressテーマの中には「便利な機能が多数備え付けられている」ので、プラグイン等の難しい知識が必要ありません。 アフターフォローがしっかりしているので、「テーマのインストールが終わるまで個人選任の担当者がメールにてサポート」してくれます。 購入者同士で交流を図ることも出来るので、カスタマイズ等で困ったときに使っていくと便利です。
  • SWALLOW

    初心者へおすすめ出来る「有料Wordpressテーマの中で最も安価な価格で使える」のが特徴的です。 デザインはスッキリとシンプルなモノを採用しており、「Google推奨のマテリアルデザイン」を使っていることから、SEO対策的にも有効です。 「ブランディング告知や広告にて商品紹介をする際にフルワイドで使用できる」ので、訪問者へのインパクトが過激になっています。
RELATED POST