Wordpressテーマ

【WordPress初心者】のための初期設定方法【ブログ】解説

WordPressをダウンロード(インストール)したら、次は初期設定を行っていきましょう。

最低限必要な設定をまとめて記載したので、この記事の通りに進めていけば大丈夫です。

まふゆ

なんか難しそうだね、時間かかりそう!

らん

面倒くさいけど簡単だよ!

WordPress初期設定が必要な理由
  • SEO対策的に設定をしていないと不利益を齎す
  • WordPressが使いにくくなる
  • 読者の読みやすさを優先できない
  • 後回しにすると怠い

今回解説していくWordpressの初期設定は「最低限必要な設定」になっているので、ブログ運営を本気でやりたい方は全てに目を通して一つ一つ確認していくことです。

WordPress初期設定の「工程は全部で6つ」あります。

  • 一般設定
  • 投稿設定
  • 表示設定
  • ディスカッション設定
  • メディア設定
  • パーマリンク設定

どれもブログ運営を行うために必要な初期設定になっています。

大体10分あれば全ての初期設定を終えることが出来るので、10分の我慢です。

まふゆ

10分で初期設定を完了できるよ!

らん

集中すれば5分で完結するかも!

この記事を見てわかること
  • WordPressの初期設定方法
  • 各設定の詳細等
  • 必要な設定か否か

WordPressをダウンロード(インストール)したばかりで不安要素がたくさんある中の初期設定は緊張しますよね。

この記事では「上から下に綴って順番にやることが記載されている」ので、比較的わかりやすく、簡単に物事を片付けることが出来るでしょう。

一般設定

一般設定は「ブログサイトの管理をする」ための設定を行う項目です。

ここの初期設定は細かく分けると7つあります。

一般設定
  • サイトタイトルとキャッチフレーズ
  • WordPressアドレスとサイトアドレス
  • 管理者メールアドレス
  • メンバーシップ
  • 新規ユーザーのデフォルト権限グループ
  • サイト言語とタイムゾーン
  • 日付と時刻形式と週の始まり
まふゆ

サイト管理の設定だから間違えないようにやらないと!

らん

気楽に設定して大丈夫だよ!

一般設定のアクセス方法

WordPressにログインする過程はもう知っていると思うので、ここでは省きます。

ログインしたら「管理画面であるダッシュボード」にアクセスされるので、左メニューの下側にある、設定にカーソルを合わせます(マウスを合わせるだけ)。

そこから「一般」を選択しましょう。

まふゆ

画像で示すとここだよ↓

wordpress-early-setting

サイトタイトルとキャッチフレーズ

まず最初にサイトタイトルとキャッチフレーズの2つに注目して設定をしていきます。

これらはWordpressインストール時に決める事も出来ますが、「理想的なサイトタイトルを意識」してつけると良いです。

サイトタイトルで決めた文言は「今後のサイト名として投稿した記事と一緒に名前が世に出回る」ことになります。

まふゆ

読者の目に付くタイトル名が良いってことだね!

らん

そういうこと!認知されやすい名前が理想だよね!

例えば、「ジャンルに沿ったサイトタイトル」とか、「目的に沿ったサイトタイトル」だと直良だということです。

また、キャッチフレーズについては特に触ることが無いので「空白」で大丈夫です。

まふゆ

キャッチフレーズは何に影響するんだろう!

基本的にメタディスクリプションと呼ばれる「記事の紹介文」に深く影響しますが、ここは記事作成時に自身で入力するので、空白で大丈夫ということです。

メタディスクリプションには「All in One SEO Pack」と呼ばれるプラグインがおすすめなので、覚えておくと良いでしょう。

WordPressアドレスとサイトアドレス

WordPressのアドレスには「WordPressアドレスとサイトアドレス」の2つが存在します。

WordPressアドレスは「WordPressファイルを保存しているアドレス」を示している大切な場所です。

また、サイトアドレスでは「ネット上に公開されるURLのアドレス」を示しています。

まふゆ

私のアドレスは「http://○○.com/wp/」になってる!

らん

その場合は「http://○○.com/」に変えてあげよう!

もう1つ重要なことがあります。

それは「SSL化と呼ばれる安全なページを示す証拠」を設定することです。

SSL化をしていないサイトは「http://○○.com/」となっています。

この部分を「https://○○.com/」に直すのですが、正規のやり方があるのでそのまま書き換えるのは絶対にNGです。

SSL化のやり方

エックスサーバーを選んでいる方の場合は「エックスサーバーの管理画面」を開きます。

次にドメインと書かれているカテゴリー内の「SSL化」を選択して、ドメイン選択画面から自身のドメインを選択しましょう。

選択したら、右側の「独自ドメイン設定の追加」をクリックし、SSL化設定するドメインを選択後に「独自SSL設定を追加する」を選択して完了です。

まふゆ

設定後は自分のサイトにアクセスできないよ!

らん

だから、少し時間を空けてからWordpressの設定をするよ!

再度、Wordpressの一般設定のある画面に戻り、「WordPressアドレスとサイトアドレスの2か所のURL」を変更します。

その際には「http://○○.com/」のアドレスを「https://○○.com/」となるように書き換えてください。

全角で入力するとサイトを見失う」ので、必ず半角で入力していきましょう。

管理者メールアドレス

管理者メールアドレスはブログに「コメントやリンク」が付いた際に、送信されるアドレスです。

捨てメールアドレス等を設定すると「確認することが出来ない」ようになるので、普段使っているアドレスを入力しておきましょう。

メンバーシップ

WordPressでは「複数のユーザーで記事を編集」することの出来るメンバーシップの設定項目があります。

つまり、ログインユーザーの一人ひとりにIDやパスワードを付与することの出来る「管理機能」ということです。

記事の外注をしたい、共同でサイトを作成したい」等の要望があるのであれば、設定する必要があります。

メンバーシップ横にチェックを入れると「管理者以外にも新規ユーザーを追加」することが出来るので、この項目はチェックを外しておきましょう。

まふゆ

新規ユーザーを追加できる権限がメンバーシップだね!

らん

そういうこと!

新規ユーザーのデフォルト権限グループ

ここは新規ユーザーのデフォルト権限(どこまでの範囲を許可するか)を選択する項目ですが、新規ユーザーを追加する際に選択することが出来るので、「変更する必要は無い」です。

サイト言語とタイムゾーン

日本版のWordpressをダウンロード(インストール)しているのであれば、最初から日本語用に設定がされているので、「全てそのまま」で大丈夫です。

外国向けのサイトを運営したいのであれば、タイムゾーンを「ターゲットとする国へ」変更しておきましょう。

日付と時刻形式と週の始まり

サイト言語とタイムゾーン同様に最初から設定されているので、「全てそのまま」で大丈夫です。

外国向けのサイトを運営してタイムゾーンを変更しているのであれば、その国に適したモノを選択しておきましょう。

まふゆ

これで一般設定は終わりだよ!

らん

意外と簡単だったね!

投稿設定

投稿設定は「記事投稿や固定ページの投稿」に関する設定を行う項目です。

ここの初期設定は細かく分けると4つあります。

投稿設定
  • 投稿用カテゴリーの初期設定
  • デフォルトの投稿フォーマット
  • メールでの投稿
  • 更新情報サービス
まふゆ

重要な設定ではないよ!

らん

一通り設定項目の詳細だけ頭に入れて置こう!

投稿設定のアクセス方法

一般設定を終えたら次は投稿設定です。

ダッシュボードの左メニューの下側にある、設定にカーソルを合わせます(マウスを合わせるだけ)。

そこから「投稿設定」を選択しましょう。

らん

画像で示すとここだよ↓

wordpress-early-setting

投稿用カテゴリーの初期設定

記事を投稿する際に「自動的に選択されるカテゴリー」の設定をここで行うことが出来ます。

最初の内はデフォルトのままで大丈夫なので、「未分類」と入ります。

ある程度カテゴリーが決まってきたら、使用頻度の高いカゴテリーを設定すると使い勝手が良くなることでしょう。

デフォルトの投稿フォーマット

デフォルトの投稿フォーマットは「標準」で大丈夫です。

まふゆ

指定していなければ自然と標準になるよ!

選択肢には標準以外にも9つあります。

アサイドタイトルなしでサイトを表示。Facebook の Notes のようなもの。
ギャラリー画像ギャラリー。ギャラリーショートコードと添付画像を含む投稿など。
リンク他サイトへのリンク。内部リンクや外部リンクなど。
画像単体の画像。画像単体の投稿は画像URLとなる。
引用文引用文。ソース/著者がタイトルになります。
ステータス短い近況アップデート。Twitterのアップデートに近い。
動画単独の動画。URLのみだったら動画URLとなる。
音声音声ファイル。プレイリストやポッドキャストも可。
チャットチャット履歴。会話の風景そのもの。
まふゆ

何言ってんのかわからない!

らん

わかる人は少ないと思うよ!

とりあえずデフォルトである標準を選んでおけば間違いありません。

メールでの投稿

WordPressではメールでの投稿も出来るのですが、今後のアップデートで削除されることになっている噂があります。

メール投稿で良質なブログ記事を執筆をすることは難しいので、あくまで「趣味や旅行、紹介」等のジャンルを扱っているサイトであれば使える機能です。

もし仮にメールでの投稿を使いたいのであれば「Jetpack,Post By Email」のプラグインを使うと良いでしょう。

基本的にはメールでの投稿を使うことは無いので、デフォルトのままで大丈夫です。

更新情報サービス

更新情報サービスとは新規記事を投稿した際に自動的にランキングサイト等に通知してくれる機能です。

SEO対策やSNS媒体からのサイト流入がありますが、ランキングに乗ってアクセス数を稼ぎたい方は導入しても良いでしょう。

私の場合はデフォルトのままで、特に触っていません。

表示設定

表示設定は「コンテンツの内容を管理をする」ための設定を行う項目です。

ここの初期設定は細かく分けると6つあります。

表示設定
  • ホームページの表示
  • 1ページに表示する最大投稿数
  • RSS/Atomフィードで表示する最新投稿数
  • フィードの各投稿に含める内容
  • 検索エンジンでの表示
  • 関連記事
まふゆ

コンテンツに伴った設定項目だね!

らん

特に触る所は無いんだけどね!

表示設定のアクセス方法

投稿設定を終えたら次は表示設定です。

ダッシュボードの左メニューの下側にある、設定にカーソルを合わせます(マウスを合わせるだけ)。

そこから「表示設定」を選択しましょう。

まふゆ

画像で示すとここだよ↓

wordpress-early-setting

ホームページの表示

デフォルト状態のままだと「最新の投稿」にチェックが付いています。

オリジナルのサイトページを「HTML言語やCSS言語」等で構成しないのであれば、デフォルトのままで大丈夫です。

1ページに表示する最大投稿数

この記事では10前後に設定しておくことをおすすめしていますが、他のブロガーもその位が基準でしょう。

最新の投稿や固定ページ」のどちらでも1ページで表示する件数が多すぎると、「サイトの読み込みが低下」する原因になるので、SEO対策的にあまりよろしくないです。

RSS/Atomフィードで表示する最新投稿数

フィードと新規記事を投稿した際に「登録している人へ自動的に通知をしてくれる機能」のことを指しています。

この機能はWordpressに最初から備わっている機能ですが、この設定は意味が無いのでデフォルトのままで大丈夫です。

フィードの各投稿に含める内容

フィードの各投稿に含める内容についてもデフォルトのままで大丈夫です。

検索エンジンでの表示

検索エンジンがサイトをインデックスしないようにする」ということは記事を投稿しても検索結果には出てこないようにするということです。

検索エンジン(GoogleやYahoo!、Bing)等は「クロール」をした次に「インデックス」をしてから「ランキング」へ組み込むのですが、その真ん中で止める役割をする設定です。

ここにチェックを入れると「検索結果から記事が紹介されない」ので、アクセス数は増えません。

まふゆ

だから、最初の内はデフォルトのままで大丈夫!

関連記事

関連記事には4つのチェックマークを付ける場所があります。

これらは自身のブログをどうしたいかによってチェックマークを付けるべきか否かが決まります。

取り合えず、「見出し付きの関連記事をハイライト表示する」以外の3つにチェックを付けておけば間違いはありません。

ディスカッション設定

ディスカッション設定は「コメントに対する管理方法」の設定を行う項目です。

ここの初期設定は細かく分けると7つあります。

ディスカッション設定
  • デフォルトの投稿設定
  • 他のコメント設定
  • 自分宛のメール通知
  • コメント表示条件
  • コメントモデレーション
  • コメント内で許可されないキーワード
  • アバター
まふゆ

難しそうな設定項目だね!

らん

最初は以下の通りにチェックマークを付けよう!

ディスカッション設定のアクセス方法

表示設定を終えたら次はディスカッション設定です。

ダッシュボードの左メニューの下側にある、設定にカーソルを合わせます(マウスを合わせるだけ)。

そこから「ディスカッション設定」を選択しましょう。

らん

画像で示すとここだよ↓

wordpress-early-setting

デフォルトの投稿設定

デフォルトの投稿設定には3つのチェックマークを付ける箇所があるので、それぞれの意味合いを解説していきます。

デフォルトの投稿設定
  • 投稿中からリンクしたすべてのブログへの通知を試みる
  • 新しい投稿に対し他のブログからの通知 (ピンバック・トラックバック) を受け付ける
  • 新しい投稿へのコメントを許可

1つ目の「投稿中からリンクしたすべてのブログへの通知を試みる」は自分のサイトで他サイトのリンクを貼った際に、相手側のサイトへ通知のメールを自動で送信するものです。

2つ目の「新しい投稿に対し他のブログからの通知 (ピンバック・トラックバック) を受け付ける」は他サイトからリンク(URL)を貼られた際に通知が来るようになります。

3つ目の「新しい投稿へのコメントを許可」はコメント機能が使えるようになる機能です。

まふゆ

これらの機能は自分のサイトを知ってもらうチャンス!

らん

すべてにチェックマークを入れて置こう!

特に最初はアクセス数が少ないので、これらを有効にして「読者からの感想」を取りれて行くと良いでしょう。

他のコメント設定

ブログのコメントには良いコメントがあれば、悪いコメントが付くこともあります。

そういったスパムコメントを防ぐために「コメントの投稿者の名前とメールアドレスの入力を必須にする」にチェックマークを入れて置きましょう。

記事内のコメント欄で何度も会話をすることは無いので、デフォルトの設定のままで大丈夫です。

まふゆ

あとは好みに合わせて設定しても大丈夫だよ!

らん

1つだけチェックマークが入っていることを確認してね!

自分宛のメール通知

チェックマークの項目が2つあるので、これら2つにチェックを入れておきましょう。

そうすることでコメントが投稿された際に、先ほど設定した「一般設定のメールアドレス」宛に通知が来るように設定されます。

コメント表示条件

コメントにはスパムコメントのことを考えておくと良いです。

そのため、「コメントの手動承認を必須にする」は空欄にして「すでに承認されたコメントの投稿者のコメントを許可し、それ以外のコメントを承認待ちにする」にチェックを入れます。

コメントモデレーション

コメントモデレーションでは特に設定することは無いので、デフォルトのままで大丈夫です。

後に「Akismet」という、プラグインで設定することが出来るので、最初は特に設定する必要がありません。

コメント内で許可されないキーワード

コメント内で許可されないキーワードについても上記項目と同じで、デフォルトのままで大丈夫です。

後に「Akismet」という、プラグインで設定することが出来るので、最初は特に設定する必要がありません。

アバター

ここで言うアバターとは「コメント欄に表示される画像」のことを示しています。

基本的にデフォルトの状態のまま設定をしておけば大丈夫です。

まふゆ

好みのモノがあれば、そのアバターにしても大丈夫だよ!

おすすめは「Gravatar」というサービスで、返信文に写真を表示させることが出来ます。

サイトの信頼性はもちろん、親近感が湧くのでその点が強いです。

らん

基本はデフォルトのままだよ!

メディア設定

メディア設定は「画像を表示する際のサイズ指定」を設定を行う項目です。

ここの初期設定は細かく分けると2つあります。

メディア設定
  • 画面サイズ
  • ファイルアップデート
まふゆ

メディアの設定は間違えないように!

らん

今後のブログ記事を左右するよ!

メディア設定のアクセス方法

表示設定を終えたら次はメディア設定です。

ダッシュボードの左メニューの下側にある、設定にカーソルを合わせます(マウスを合わせるだけ)。

そこから「メディア設定」を選択しましょう。

まふゆ

画像で示すとここだよ↓

wordpress-early-setting

画面サイズ(h4)

デフォルトのサイズを忘れたので、それぞれのおすすめなサイズを紹介します。

サムネイルのサイズの幅が「150」で、高さも「150」です。

そして「サムネイルを実寸法にトリミングする」をチェックしておきます。

中サイズは幅の上限が「300」で、高さの上限も「300」です。

大サイズは幅の上限が「1024」で、高さの上限も「1024」です。

ファイルアップデート(h4)

アップロードしたファイルを年月ベースのフォルダーに整理」にチェックを入れると楽なので、チェックを入れておきましょう。

最初にこの設定をしていないと画像がどこにあるかわからなくなってしまいます。

パーマリンク設定

パーマリンク設定は「URLの表示の仕方」を設定を行う項目です。

ここの初期設定は細かく分けると2つあります。

パーマリンク設定
  • 共有設定
  • オプション
まふゆ

パーマリンク設定は大切だけど単純だよ!

らん

少しコードを書くよ!

パーマリンク設定のアクセス方法

メディア設定を終えたら次はパーマリンク設定です。

ダッシュボードの左メニューの下側にある、設定にカーソルを合わせます(マウスを合わせるだけ)。

そこから「パーマリンク設定」を選択しましょう。

らん

画像で示すとここだよ↓

wordpress-early-setting

共有設定

デフォルトでは「https://○○.com/?p=123」と設定されているので、ここを「投稿名かカスタム構造」のどちらかにチェックを入れましょう。

パーマリンクとは「https://○○.com/?p=123」で言う、?p=123を示しています。

このURLが記事のリンクとして使われますが、リンクが暗号化されており認識が難しいです。

まふゆ

だから投稿名かカスタム構造なんだね!

らん

カスタム構造なら空白に「/%postname%/」と入力!

どちらにせよ、「投稿編集をする際にタイトル下を確認」するとパーマリンクがあるので、そこで任意のURLを設定しましょう。

パーマリンクは日本語ではなく、英数字で構成し、単語のスペース等は「」を使うと良いです。

オプション

オプションに関しては「空欄」のままで大丈夫です。

サイト運営をしていく中で変更することはあるかもしれませんが、最初は全く使わない機能です。

ABOUT ME
まふゆ らん
ブログを長いことやっています。 ブログ|アフィリエイト|猫を日々愛して毎日を送っています。 フリーなので、大体はPCかスマホとのにらめっこです。 人生の歩み方はそれぞれなので正解も間違えもないという信念を持ち合わせる。
初心者でも安心WordPressテーマ3選
  • AFFINGER6

    知識の浅い「初心者から上級者まで幅広く使えるWordpressテーマ」です。 簡単にオリジナルのデザインを作ることが出来るので、「サイトの見栄えを整えたり、広告を見やすく配置する」ことが可能です。 また、SEO内部対策がされているので検索上位表示が望める他、広告費で稼げる可能性が高まります。 経験を積めば「デザインとWEBマーケテイング」でよりお金を稼ぐアフィリエイターをして活躍することが出来ることでしょう。
  • THE THOR

    「プログラミングの知識が無くてもおしゃれなブログサイトが作れます。」 このWordpressテーマの中には「便利な機能が多数備え付けられている」ので、プラグイン等の難しい知識が必要ありません。 アフターフォローがしっかりしているので、「テーマのインストールが終わるまで個人選任の担当者がメールにてサポート」してくれます。 購入者同士で交流を図ることも出来るので、カスタマイズ等で困ったときに使っていくと便利です。
  • SWALLOW

    初心者へおすすめ出来る「有料Wordpressテーマの中で最も安価な価格で使える」のが特徴的です。 デザインはスッキリとシンプルなモノを採用しており、「Google推奨のマテリアルデザイン」を使っていることから、SEO対策的にも有効です。 「ブランディング告知や広告にて商品紹介をする際にフルワイドで使用できる」ので、訪問者へのインパクトが過激になっています。
RELATED POST