Wordpress設定

【WordPressのダウンロード】始めの導入方法【ブログ】解説

WordPressのダウンロード方法はさまざまですが、大概は「各レンタルサーバーの画面から導入する」ことが出来ます。

今回は私がWordpressをダウンロードした際の過程を順に解説していくので、以下の条件に合っている方は参考にしてください。

WordPressの導入解説条件
  • レンタルサーバーを契約している
  • エックスサーバーと契約した方
  • FFFTPをダウンロードできる方
まふゆ

エックスサーバーはレンタルサーバーの1つだよ!

らん

サーバー契約によって操作方法が異なるよ!

WordPressのダウンロードが面倒くさいと言われている理由は2つあります。

1つが「無知の領域に触れる」、2つ目が「やることが多い」からです。

知識の浅い初心者が1から全て独学で熟すのは多大な時間が掛かることでしょう。

この記事を見てわかること
  • WordPressのダウンロード(導入)方法
  • レンタルサーバーとFFFTPの重要性
  • FFFTPの設定方法と使い方
  • WordPressへのアクセス方法等の小ネタ

今回解説していくことを「上から順に熟していけばWordpressを無事にダウンロード」出来る形になっているので、説明文を読みながら焦らずゆっくりと進めていくと良いです。

また、画像解説をしている点が多く見られるので「わからない点を無くしながら作業」することが出来るでしょう。

エックスサーバーを契約した方のWordpressダウンロード方法を解説していきます。

ダウンロード前に用意しておくツール

WordPressをダウンロード(導入)する前に用意しておくツールが2つあります。

これらのツールが無いと、後に行き詰まる原因になってしまうので解説する通りに事を進めていきましょう。

事前に準備するツール
  • レンタルサーバー
  • 独自ドメイン
  • FTPクライエントソフト
まふゆ

見た感じすごい難しそう!

らん

難しいというか「名前が堅い」だけだよ!

2つのツールは「ブログサイトを運営していく中で一緒に動くお供」なので、雑に扱わずに操作をしていきましょう。

また、重要な点やわかりにくい箇所は重点的に解説をしているので、画像を確認しながら操作していくと良いです。

レンタルサーバーとの契約

WordPressをダウンロードする際には「データベース等の設定が必要」になるので、レンタルサーバーが必要です。

レンタルサーバーを契約していれば、そのサーバー画面からWordpressをダウンロード(導入)することが出来るので便利です。

中でも、エックスサーバーを利用すると「データベースを設定しなくても勝手に作ってくれる」ため知識の浅い初心者でも簡単にWordpressをダウンロード(導入)することが出来ます。

まふゆ

エックスサーバーは自動的にデータベースを作ってくれるよ!

らん

わざわざ作らなくていいんだね!

WordPressをダウンロード(導入)する際は実際にエックスサーバー内で行うので、まだダウンロードしていない方はxserverのホームページへアクセスして契約を済ませましょう。

独自ドメインとの契約

レンタルサーバー同様に契約が必要になってくるのがドメインです。

ドメインは「https://◯◯.com」で言う、○○.comを示しています。

まふゆ

○○.comは自分で決めることが出来るよ!

らん

登録したらやり直しは効かないから注意してね!

このドメインはレンタルサーバーのように月々料金が発生してきますが、特に指定は無いので「契約したいと思える会社」を選択すると良いでしょう。

強いて言えば、お名前ドットコムxserverドメインを使うと良いです。

FTPクライエントソフトの契約

FTPクライエントソフトは「サーバーへファイルを転送するソフト」と呼ばれていますが、難しく考えるとキリが無いので、ここではWordpressをダウンロード(導入)するのに必要不可欠なツールとだけ覚えておきましょう。

FTPソフトには2つ有名なソフトがあるので、それぞれのダウンロード方法について紹介していきます。

FTPクライエントソフト
  • FFFTP
  • FileZilla
まふゆ

難しそうな単語が並んでいるね!

らん

深く考えずに気楽にいこう!

windowsを使っている方とmacbookを使っている方では、使えるFTPクライエントソフトが異なってくるので、それぞれに見合った項目を確認しましょう。

windowsは「FFFTP、FileZilla」の両方を使えますが、macbookでは「FileZilla」のみの使用になります。

windowsを使っている方用

本来であればwindowsとmacbookで使用できる「FileZilla」を勧めるべきなのですが、使い勝手の良い「FFFTP」をダウンロードしていきます。

FFFTPではシンプルな機能がユーザーの心を掴んでいるとのことで、知識の浅い初心者からしても非常に使いやすいFTPクライエントソフトです。

まふゆ

ダウンロード方法が知りたいな!

らん

それじゃあ解説していくね!

FFFTPをダウンロード(導入)するために、FFFTP公式ページへアクセスしていきましょう。

すると、以下の画面に移り2つの選択肢が設けられるので、「自身のパソコンのbit数を確認の上、ダウンロード」をします。

まふゆ

こんなページに移るよ↓

wordpress-download

後は手順に沿って行けば大丈夫です。

らん

ここまでやれたらOK!次はWordpressダウンロード過程だよ!

FFFTPは「無料」で使えるソフトです。

macbookを使っている方用

macbookを使っている方は「FileZilla」一択です。

ダウンロード方法はFileZilla公式ページへアクセスして画像にあるようなボタンをクリックします。

対応OSはwindows/macbook/linuxと3種類ありますが、自身の対応しているパソコンのモノをダウンロードするようにしてください。

まふゆ

青いボタンをクリックしてね!↓

wordpress-download

後は手順に沿って行けば大丈夫です。

らん

ここまでやれたらOK!次はWordpressダウンロード過程だよ!

FileZillaは「無料」で使えるソフトです。

WordPressのダウンロード過程

WordPressをダウンロードするまでに「レンタルサーバー、ドメイン、FTPクライエントソフト」の3種類が必要だということがわかりました。

次に、レンタルサーバーであるエックスサーバーを使用したFTP設定について解説をしていきます。

まふゆ

エックスサーバーにログインしてね!

らん

その後にサーバーパネルを開こう!

ダウンロード過程の2ステップ
  • ①エックスサーバーのFTPを設定
  • ②FTPクライエントソフトの設定

一見、専門性の高い知識が必要だと思いがちですが、とてもかんたんな作業になります。

簡単にまとめると、「FTPアカウント作成をしてFFFTPを設定」するだけです。

順番の通りに行えばスムーズに設定を終えることができます。

①エックスサーバーのFTPを設定

エックスサーバーを契約するとIDとパスワードが指定のメールアドレスに届くので、それを使って「ログイン」をします。

FTPの設定ではサーバーパネルを開く必要があります。

パネル内にはさまざまな設定項目がありますが、全て無視して「FTPアカウント設定」と書かれた文言をクリックしましょう。

すると、ドメイン選択画面に移るので、対象のドメインを選び「FTPアカウント追加」と記載のあるタブを開きましょう。

まふゆ

青く染まった「 FTPアカウント設定」をクリック!↓

すると、FTPアカウント追加の画面が出てきます。

FTPユーザーIDを「任意の文字」で構成して、@の後ろは自身の独自ドメインを選択します。

パスワードは「任意の英数字」になるので、メモを取りながら決めていきましょう。

らん

下の画像を参考にしてね!↓

wordpress-download

接続先ディレクトリを入力する際は「独自ドメイン/public_html」という形にしたいので、https://◯◯.com/public_htmlとなるように書き加えます。

確認画面へ進む」をクリックして、FTPアカウント一覧にアカウントが表示されたら完了です。

②FTPクライエントソフトの設定

先程ダウンロードしたFFFTPをクリックして起動させましょう。

場所はパソコンのフォルダ内にあるローカルディスク(C:)のprogram fileに入っていることが多いです。

設定や場所を変更している場合は「見つからない」ことがあります。

起動するとホスト一覧の画面が開くので、「新規ホスト」を選択してFTPクライエントソフトを設定していきます。

設定するには画像内の青く囲まれた新規ホスト(N)をクリックする必要があるので、クリックしましょう。

まふゆ

こんな感じの画面だよ!↓

wordpress-download
らん

入力する箇所を①から⑥で印をつけたよ!↓

wordpress-download
①ホストの設定名任意のわかりやすい文言を入力。
②ホスト名(アドレス)エックスサーバーのサーバー情報を入力。
③ユーザー名FTPアカウント作成時のユーザー名を入力。
④パスワードFTPアカウント作成時のパスワードを入力。
⑤ローカルの初期フォルダファイルを保管する任意の場所を入力。
⑥ホストの初期フォルダ「/独自ドメイン/public_html」を入力。
まふゆ

②は下記の画像にある青枠と同じ文言を記入!↓

wordpress-download
らん

③と④は先ほど設定した同じ文言を記入!↓

wordpress-download

⑤はパソコンのどこに保管するか決めるので、「任意で決めて」大丈夫です。

⑥は先程行った接続先ディレクトリと同じ文言である、「独自ドメイン/public_html」と入力をしましょう。

これらを入力したら、ホスト設定が完了するので、「ホスト一覧に任意で決めた名前が表示」されます。

まふゆ

これでFTPクライエントソフトの設定は終わり!

FTPソフトとエックスサーバーの連動

ホスト設定が完了すると、ホスト一覧に任意で決めた名前が表示されるので、「選択して接続」していきます。

その際に「ファイル一覧の取得は正常終了しました」と表示されたら、FTPソフトとエックスサーバーの連動が完了です。

まふゆ

初期設定状態では左がローカルで右がリモートだよ!

らん

ローカルはPC側、リモートはサーバー側を指しているよ!

WordPressのデータはWordPressをダウンロードした際のフォルダの中に入ってます。

FTPクライエントソフトの使い方

ここまで設定が出来ればWordpressのダウンロード(導入)は完了です。

知識の浅い内はFFFTPを使う機会はほとんどありませんが、基礎的な操作方法だけ解説をしていきます。

FTPクライエントソフトの使い方
  • ファイルのダウンロード方法
  • ファイルのアップロード方法
  • ファイルの伝送方法
まふゆ

これを上手く使うことでデータのバックアップ等ができるよ!

らん

後に使うことがあるかもしれないから、頭の片隅に置いておこう!

基本的にバックアップをする際はエックスサーバーのデータベース内の「MySQLバックアップ」から圧縮形式をgz形式でエクスポートをするだけでバックアップが出来ます。

つまり、最初の段階でFFFTPを使うことはないので焦らずに「こういうことが出来るんだ」程度で確認していきましょう。

ファイルのダウンロード方法

右側にあるリモート(サーバー)側のファイルをランダムにクリックして選択します。

次に左上にある青い下矢印にカーソルを合わせると「ダウンロード」と記されるので、そこをクリックしましょう。

すると、左側にあるローカル(PC)側にファイルに表示されるので、確認出来たらダウンロードが完了という合図です。

まふゆ

因みに、1つのフォルダを選択したらそのフォルダ内全てがダウンロードされるよ!

ファイルのアップロード方法

左にあるローカル(PC)側のファイルの中でアップロードしたいファイルを選択します。

次に「ファイルのダウンロード」をした際に使った、青い下矢印の隣にある青い上矢印をクリックしましょう。

すると、「ファイルの一覧の取得は正常終了しました」と表示されます。

らん

この文言が出たらアップロード完了!

つまり、フォルダを選択してアップロードすると、選択したフォルダ内のデータ全てがダウンロードされるということです。

ファイルの転送方法

ファイルの転送をする際にはローカル(PC)側の対象ファイルを選択した状態で、リモート(サーバー)側の対象ファイルを選択します。

選択をすると「フォルダは開いた状態」になるので、その中から転送したいファイルを選択して青い上矢印をクリックしてアップロードしましょう。

この時、「ファイルの一覧の取得は正常終了しました」と表示されたら転送完了です。

まふゆ

右のリモート(サーバー)側がアップロードしたいフォルダに入っていることを確認してね!

らん

たまにフォルダが確認できないことがあるからね!

WordPressをダウンロードできたら、次はWordPressの初期設定をしていきましょう。

ABOUT ME
まふゆ らん
ブログを長いことやっています。 ブログ|アフィリエイト|猫を日々愛して毎日を送っています。 フリーなので、大体はPCかスマホとのにらめっこです。 人生の歩み方はそれぞれなので正解も間違えもないという信念を持ち合わせる。
初心者でも安心WordPressテーマ3選
  • AFFINGER6

    知識の浅い「初心者から上級者まで幅広く使えるWordpressテーマ」です。 簡単にオリジナルのデザインを作ることが出来るので、「サイトの見栄えを整えたり、広告を見やすく配置する」ことが可能です。 また、SEO内部対策がされているので検索上位表示が望める他、広告費で稼げる可能性が高まります。 経験を積めば「デザインとWEBマーケテイング」でよりお金を稼ぐアフィリエイターをして活躍することが出来ることでしょう。
  • THE THOR

    「プログラミングの知識が無くてもおしゃれなブログサイトが作れます。」 このWordpressテーマの中には「便利な機能が多数備え付けられている」ので、プラグイン等の難しい知識が必要ありません。 アフターフォローがしっかりしているので、「テーマのインストールが終わるまで個人選任の担当者がメールにてサポート」してくれます。 購入者同士で交流を図ることも出来るので、カスタマイズ等で困ったときに使っていくと便利です。
  • SWALLOW

    初心者へおすすめ出来る「有料Wordpressテーマの中で最も安価な価格で使える」のが特徴的です。 デザインはスッキリとシンプルなモノを採用しており、「Google推奨のマテリアルデザイン」を使っていることから、SEO対策的にも有効です。 「ブランディング告知や広告にて商品紹介をする際にフルワイドで使用できる」ので、訪問者へのインパクトが過激になっています。
RELATED POST