過去記事のまとめ

【語尾と見出しの使い方】ブログは読みやすくなる【初心者向け】解説

へびくん
へびくん
読みやすいブログを作るコツってなに?
ねっとここむ
ねっとここむ
語尾と見出しを工夫すること!

ブログを書く上で文章構成を身に着けることはとても重要ですが、文章を執筆する分に関して、見出しと語尾の使い方は読み手のことを考えるととても重要な役割を持っていると言えます。

文章中の語尾がです・ます調でなかったり、見出しにキーワードが含まれていないだけでも伝わり方がだいぶ変わるので、重要視されない分、極めておくべきスキルです。

初心者の方でも「文章構成」や「見出し」や「です・ます調」を知っておくだけで素人顔負けの文章を作成することができるので、今回の記事で学んでいきましょう。

この記事で分かること

  • 見出しの作り方
  • 見出しの仕組み
  • です・ます調の重要性

見出しに必要なのが協調で語尾に必要なのが占め方なので、文章構成だけ知っていても共感を呼ぶ文章を書くことは難しいです。

今回の記事では、文章の最低限の書き方を徹底的に解説していくので読み終えた後に実践してみると今までとはまた違う文章を書けるようになることでしょう。

見出しには最低1つのキーワードを使う?読者の問題意識の開示をする!

見出しには「h1~h6」までがありますが、「h1~h4」以外は全く使わない見出しなので、気にする必要は特にありません。

キーワードを含めていきたい見出しというのが「h2」の部分です

「h1」はタイトルの部類に入るので、別のリンクに解説していきます。

タイトルの付け方↓

【ブログキーワードの選び方】バズる記事とは【初心者向け】解説 ブログを始めると最初は0PVからなので、誰もがバズることを望みますが、そんなに簡単なことではありません。 結論を...

見出しによって含めるキーワード数が異なる!

見出しはキーワードを含めることで読者の問題意識を提示することが可能となります。

問題意識を再度確認してから、記事を見ることで納得できる形を取ることができるので「h2~h3」にはキーワードを含めていくといいです

読者の問題意識を見出しから引っ張りだして新たな疑問を抱かせることができれば、内部リンクや外部リンクへの誘導をすることができます

h2はキーワードを最大2つ含める!

最大で2つなので、見出しの文章がうまく構成できなければ1つでも十分です。

見出しの大御所は「h1」なので、キーワードを無理に含める必要はありませんが、「h2」にキーワードがあれば検索順位が上がる可能性を秘めているので心かけていきましょう。

「h1」のように前半部分と後半部分でキーワードを含めるのもいいので、ブログに合った判断をしていくことです。

h3とh4は関連キーワードで十分!

関連キーワードというのは、「遊ぶ」というキーワードを例で述べると、滑り台や鬼ごっこや公園というモノがあるように物事に関連のあるワードを含めましょう。

キーワードを含めても悪いことはありませんが、「h1」や「h2」以外はキーワードで狙ってもSEO対策に期待はできません

です・ます調の使い方とは?文章配列がきれいに見える!

「~です」や「~ます」を語尾に使うことをです・ます調といいますが、現代の日本語では「~である」を使うこともあります。

記事を書く前提として「です・ます調」と「である調」を混合して書くことは原則やめておきましょう

中途半端にこれらを使用してしまうと全体的なリズムだけでなく統一感そのものがなくなるので、読みづらくなってしまいます

です・ます調の正しい使い方!

読者が読む文章は柔らかい表現を好むので、記事の構成は「です・ます調」以外ありえません

正しくは「です」と「ます」を交互に使い分ける必要があるので、連続して3回以上使わないようにしていきましょう

文章の語尾に同じ表現を3つ以上使うとリズム感が悪くなるだけでなく、読者が最後の文面まで読むことがなくなってしまいます。

ABOUT ME
まふゆ らん
ブログを長いことやっています。 ブログ|アフィリエイト|猫を日々愛して毎日を送っています。 フリーなので、大体はPCかスマホとのにらめっこです。 人生の歩み方はそれぞれなので正解も間違えもないという信念を持ち合わせる。
RELATED POST