WordPress/ワードプレス

【スワロー】はコスパ最高で初心者におすすめ!【ブログ】解説!

 おすすめ有料テーマ

テーマ名料金(税込)おすすめサイト型
AFFINGER14,800円 ブログ型
THE THOR16,280円 ブログ型
スワロー9,900円 ブログ型
賢威27,280円 ブログ型

有料Wordpressの中で最もコスパの良いテーマと言えば、スワロー(SWALLOW)です。

ブログサイトを運営する上で「必要モノとは何か」を追及したところ、無駄な機能とデザイン等を削ぎ落した知識の浅い初心者の中でも人気なテーマになっています。

スワローを使うべき人の特徴
  • 有料テーマに抵抗がある方
  • 迷いのないシステムが好み
  • 使いやすさを1番に考えている

ブログサイトを運営する際に有料Wordpressテーマを選択するならAFFINGERTHE THORが人気ですが、上記3つが当てはまる方はスワローを使うことをおすすめします。

スワローはどうしても人気2トップを占めているモノよりはいくつか機能が下がってしまう部分が見られます。

しかし、知識の浅い初心者の中では「それが良いという方もいるので、もしかするとあなたもそのうちの1人」かもしれません。

まふゆ

私は中級者の頃にスワローを使ってみたよ!

らん

中級者以上は物足りなさが目立つかもしれないね!

実際にブログサイトを運営する際に初めてインストールしたわけではなかったものの、知識の浅い初心者が扱うなら意外と使いやすいなと感じました。

この記事を見てわかること
  • OPENCAGEの種類
  • スワローを使ってみた感想
  • スワローのメリットとデメリット
  • スワローのダウンロード手順

誰が何と言おうとスワローは「最強のコスパで初心者の味方である」ことは間違いありません。

OPENCAGEには4種類のテーマがある

SWALLOW

今回の記事では有料Wordpressテーマであるスワロー(SWALLOW)の紹介ですが、基礎的な知識を学んでおきましょう。

スワローはOPENCAGEという会社が販売している4種類のテーマの中にある1つです。

4種類のテーマ名
  • ストーク19
  • スワロー
  • ハミングバード
  • アルバトロス

料金等の簡単な比較をまとめた表を後に解説していきますが、これらの4種類のテーマを比較してみると圧倒的にスワローを使った方が良いと言えます。

まふゆ

スワローはブロガーの八木仁平さんがプロデュースしてるよ!

らん

信憑性がかなり高いことがわかるね!

スワロー(SWALLOW)の公式ホームページにも書いている様に、「シンプルな見た目と洗練された機能」はそのままの意味合いだと私は捉えることが出来ました。

OPENCAGEの4種類のテーマを比較

テーマ名値段監修特徴
ストーク19(STORK)11,000円(税込み)JUNICHI使いやすさを追求している
スワロー(SWALLOW)9,900(税込み)八木仁平無駄な機能を削ぎ落した
ハミングバード(Hummingbird)7,980(税込み)松原潤一誰が使っても美しいサイト
アルバトロス(ALBATROS)7,980(税込み)松原潤一カスタマイズが豊かになる
まふゆ

新しいテーマはストーク19とスワローの2つだよ!

らん

OPENCAGEの中で一番人気とも言われているね!

OPENCAGEの4種類のテーマの評価

テーマ名評価
ストーク19(STORK)
スワロー(SWALLOW)
ハミングバード(Hummingbird)
アルバトロス(ALBATROS)
まふゆ

私の独断の評価はこんな感じ!

らん

スワローとストーク19の違いを知りたいな!

人気なのはスワローとストーク19の2種類

SWALLOW

OPENCAGEの中で人気なテーマとして君臨しているスワローとストーク19はハミングバードやアルバトロスに比べて発売日が新しいです。

4種類ともそれぞれの特徴があり、良い部分があるのですがスワローとストーク19は「有名ブロガーが監修している」点が大きな人気を呼んでいることが言えます。

テーマ名発売日
スワロー(SWALLOW)2018年頃
ストーク19(STORK)2016年頃

監修が違うと言えど、会社はどちらも同じなので基本的な部分は似ています。

まふゆ

2年も差が空くから最新のテーマがいいんじゃないの?

らん

個人のスタイルによるかもよ!

スワローに向いているジャンルテーマ

スワロー(SWALLOW)は公式ページでデザインを確認するとわかりやすいのですが、「落ち着きのある雰囲気を作る」テーマとして使えます。

まふゆ

落ち着きのある雰囲気は需要性が高いよ!

そのため、情報系のジャンルを扱うブログサイトを作成するならスワローがおすすめです。

向いているジャンルテーマ
  • 投資系のサイト
  • IT•技術系のサイト
  • ニュース系のサイト
  • マガジン系のサイト
らん

落ち着きのないサイトで情報を読んでも理解が追いつかないからね。

スワローに出来ること(ストーク19比較)

スワロー(SWALLOW)でブログ記事を書くと「固定ページと個別記事」の2通りの作り方があります。

また、トップ画面でヘッダー下にスライドショーを設置することが出来るのですが、その見た目がストーク19に比べて少し大きく見えます。

まふゆ

スマホ画面でグローバルナビを表示させることもできるよ!

らん

スマホ画面での2段階表示は出来ないけどね!

記事一覧でマウスを合わせると「画面の色が変化して大きく表示」されるので、読者の気を引きやすい傾向が見られます。

ストーク19に向いているジャンルテーマ

明るめな雰囲気を醸し出すストーク19(STORK)は楽しめるイメージを得意としています。

まふゆ

スワローとは雰囲気が異なるよ!

楽しい感情になるためには明るい雰囲気が大切になるので、ここでは情報系のジャンルテーマはおすすめ出来ません。

堅苦しいイメージを作るよりポップなイメージが強いジャンルを選択するといいでしょう。

向いているジャンルテーマ
  • 芸能系のサイト
  • 雑記系のサイト
  • 動物系のサイト
  • 心理系のサイト
らん

ブログでお金を稼ぐなら落ち着きのある雰囲気を選んだ方が良いかも!

ストーク19に出来ること(スワロー比較)

記事のレイアウトをする際に「デフォルト、フルサイズ、バイラル風」の3つから選択出来るので、ブログサイトの編集がやりやすいです。

PC画面でスライダーを有効にした際にはスマホ画面でもスライドショーが適応されます。

スマホで忠実にスライダーを使うことができるため、他のブロガーに差をつけることも可能でしょう。

まふゆ

スライダーがPCとモバイルで適応されるのは良いよね!

らん

Facebookを使っている方はその場で「いいね」を付けられる機能もあるんだよ!

ブログ運営をしている中で肝心なのは読者に目を通してもらうことです。

その点で「カード型やマガジン型」に変更できるストーク19はデザイン変更から読者の気を引くことが出来ます。

スワローを使ってみた感想!レビュー!

SWALLOW

有料Wordpressテーマとしての機能はある程度揃っているので、購入をして損はありません。

しかし、AFFINGERTHE THORと比べると劣ってしまう箇所が目立つので、ブログサイトを運用する上で「今後も1つのテーマ(スワロー)で継続する」のは難しいと言えます。

他の有料テーマと比べると圧倒的に料金が安いので、その分機能が劣ってしまうのかなと感じます。

まふゆ

稼げるまでの間をスワローで補う選択はあり!

らん

コスパが良いから初心者でも気軽に購入できるからね!

スワローを購入した方が良い人の特徴
  • 初めてブログサイトを作る方
  • シンプルさを追求したい
  • デザイン性に悩むことが嫌な方

ほとんどの有料テーマでは「初心者や中級者、上級者向けまで幅広く使える」モノが多いのですが、スワローは初心者向けのテーマであることが言えます。

デメリットの紹介で詳しく解説していきますが、「カスタマイズ性や複数のサイトでの使用が出来ない」ので中級者や上級者は使い勝手が悪いことからおすすめできません。

まふゆ

初心者オンリーでおすすめ出来るよ!

ブロガー中級者以上の試み
  • 複数サイトの運営をしようと向上心が高ぶる
  • 自身のサイトを綺麗に整えて受け入れ態勢を整える
  • 試行錯誤から解を求めるようになる

そのため、初心者は「スワロー」を使って中級者になったら「AFFINGERTHE THOR」に移ることが多いです。

知識が浅くてもすぐ執筆を始められた

スワローではプロのデザイナーが作り込んだサイトを簡単に使えるので、記事の執筆に集中することが出来ます。

ブログサイトを運用した際にはどうしても「デザイン性や設定」に意識が向いてしまいます。

その結果、中々文章を書くのに集中できないことがあるので、すぐに執筆が出来るのは効率が良いです。

知識が浅くても執筆が出来る理由
  • ブログサイトの設定が簡単
  • サイト適応できるデザインが決まっている
  • 文章を書く以外に意識が錯乱しない
まふゆ

知識が浅いうちは「文章に慣れる」ことが重要だからね!

最初に文章を書こうとしても「3,000文字以上を執筆することは難しい」傾向が見られます。

そこで、すぐに執筆することに集中できるスワローは初心者におすすめ出来るモノだと言えます。

難しい機能は予め備わっている

ブログサイトを運営するには「文章を書くだけでは成立しない」ことから、必要な機能が揃っているテーマを選ぶことは重要です。

まふら

その点、スワローは知識が浅くてもわかりやすいよ!

らん

そもそもスワローは「余計な機能を削ぎ落している」からね!

文章を書く目的としてサイト運営をする方は機能がたくさんあっても「悩みが多くなるだけ」なので、最初は機能が備わっているテーマがおすすめです。

ブログは書くだけでは成り立たない
  • 文章を書くにはHTML言語が必要
  • 装飾をするにはCSS言語が必要
  • 使いやすいように設定を設ける

上記3つ以外にもありますが、ブログサイトを運営する前に知っておくと便利です。

余計な機能を削ぎ落しているスワローは最低限必要なことを済ませて置いてくれています。

シンプル操作で簡単に始められた

操作が難しいとブログを始めようにも中々踏み込めません。

しかし、スワローはシンプル操作なので気軽に運営することが出来ました。

複雑な仕様な有料Wordpressテーマは「知識が浅いと使いこなす」までに時間が掛かってしまいます。

まふゆ

誰でも簡単に始められるのは有難いよね!

らん

難しい機能は抵抗感があるから有難い!

実際に設定事項が少なかったので、ブログサイトを作成するのが楽しかった印象が強かったです。

スワローをコスパの良いWordpressテーマとして紹介していますが、シンプルに簡単に始めたいと考える方にもおすすめ出来ます。

詳しいスワローの内容を知りたい方はスワローの公式ページを確認してみると良いでしょう。

デザインと色が落ち着いている

デザインと色が良い感じに落ち着きがあります。

先ほど解説しましたが、情報系の発信するためにはデザインと色が落ち着いているモノを使った方が読者に見られる傾向が高くなります。

まふゆ

落ち着きがあると目に優しいからね!

らん

ブログサイトがシンプルに見やすくなるよね!

スワローの公式サイトで「誰が使っても美しいデザイン」を追及していると言われている通りなので、シンプルなデザインが売りだということがわかります。

シンプルなデザインを使ってブログサイトを運用することで、読者が記事に集中してもらえるように仕向けることが出来ます。

複雑で高そうな機能を扱うよりシンプルで見やすいサイトの方が好感度も高いと言えることでしょう。

スワローのデメリット

SWALLOW

有料Wordpressテーマのスワロー(SWALLOW)のデメリットは他テーマと比べるとハッキリしています。

それはデメリットを「メリットとして捉えることが出来ない」からです。

デメリットだとしても普通は多少のメリットが付くモノです。

しかし、スワローはそうではありません。

まふゆ

値段が安いし初心者に優しいから仕方がないよね!

らん

期待をして購入すると後悔するかもしれないよ!

ブログ記事を執筆する上での有料Wordpressテーマは、プログラミングを苦手とする人を対象としているので、初心者におすすめ出来るシステムになっています。

ある程度のメリット
  • 機能が多い→簡単にサイト構築が可能
  • 値段が高い→ある程度のサポート面保障
  • 設定が不要→すぐに記事の執筆が出来る

デメリットに隠れたメリットはブログを運営する上で大切です。

他のWordpressテーマと比べると、その点が欠落しているのは痛いと言えます。

実際に感じたデメリット3選

実際に感じたデメリット3選
  • ネット検索が他テーマよりも不利に働く
  • 複数サイトで共有して使えない
  • デザイン性が薄く使い心地が不満
まふゆ

複数サイトで共有できないの!?

らん

まぁ、慣れたら違うテーマを購入すると良いよ!

ネット検索が他テーマよりも不利に働く

有料Wordpressテーマと言えば、様々なブロガーが使用するため、「使い方等の解説記事が多く存在する」のですが、ほとんどの方がAFFINGERTHE THORを利用しています。

不明点があればネットサーフィンをすれば簡単に解決することが出来ますが、スワローはユーザー数が少ないことから不利に働きます。

最低3つの不利要素
  • 検索エンジンで調査をする
  • SNS媒体のつぶやきから学ぶ
  • 関連ワードから漁り、調査

結論から言えば、調べれば問題解決するケースが多いブログですが、そもそも使っているブロガーの数が少ないので「壁にぶつかった際の対処法」に時間が掛かってしまいます。

まふら

最初はわからないことが多いから少し不安だね!

らん

簡単な仕様だから、わからないことは無いと思うけどね。

複数サイトで共有して使えない

私もスワローを利用するまではさまざまなWordpressテーマを使ってきましたが、複数サイトで共有できないケースは初めてでした。

ブログは「雑記ブログよりも特化ブログの方がお金になる」ことから特化ブログを選択する人が多いです。

そのため、ジャンルを分けてそれぞれの「サイトごとに既存のWordpressテーマを適応」することが多いのですが、この過程がスワローではできません。

まふゆ

複数サイトで共有できないのはある意味テーマの目的かもしれないね!

共有不可の目的
  • 記事の執筆に専念してほしい
  • 初心者でマルチサイトは大変
  • 管理するドメインが増える

上記の3つが意図でWordpressテーマが共有できないようになっているのであれば、メリットと捉えることが出来ることでしょう。

ジャンル毎にドメインを用意すると「時間もお金も無くなるので初心者にはおすすめできない」ことから、スワローではそのような施策になっているのかもしれないです。

デザイン性が薄く使い心地が不満

デフォルトのサイトデザインは完成しているので、一定のデザインから変更する部分が少ないです。

つまり、カスタマイズ部分が少ないのでオリジナルのサイトを作り上げるには「HTML言語やCSS言語」を学ぶ必要性があるということです。

まふゆ

拘りの強い方は使えないテーマだね!

らん

初心者は難しいことを考えたくないものだよ!

初心者が選ぶべきポイント
  • デザインに変更を加えることが出来ない
  • 執筆スキル以外に必要なスキルが無い
  • 初心者用に作られたコスパの良いテーマ

この点で主張したいのは「ブログでお金を稼いでからWordpressテーマを買いなおしても良い」という点です。

本音を言えば、知識の浅い初心者の内はスワロー(SWALLOW)だけでも十分すぎる性能です。

最初から飛ばしてAFFINGERやTHE THORを使って挫折するくらいなら、「スワローを使って基礎知識を埋めていくことがおすすめ」です。

スワローのメリット

SWALLOW

メリットを紹介する前にスワローは有料Wordpressテーマの中でダントツで値段が安いです。

私がスワローを選ぶ理由は他でもない、「お手軽な値段設定がなされている」からです。

正直なところ「スペックや表示速度、SEO対策」等の難しい知識は後からでもいいので、背伸びをしなくても購入できるスワローは最強です。

まふゆ

確かに9,900円は破格だよね!

らん

ぶっきゃけ知識が無くても万単位は稼げるからね!

1万円以内で使えて、機能が初心者向け」なWordpressテーマは他にはありません。

ここで有料Wordpressテーマの料金表を確認してみましょう。

 おすすめ有料テーマ

テーマ名料金(税込)おすすめサイト型
AFFINGER14,800円 ブログ型
THE THOR16,280円 ブログ型
スワロー9,900円 ブログ型
賢威27,280円 ブログ型
まふゆ

1万円以上でも可能だという方はAFFINGERやTHE THORがおすすめだよ!

ダントツでおすすめする理由は値段設定ですが、それ以外にもしっかりとメリットはあります。

料金だけで有料Wordpressテーマを探すなら「数千円で購入できる」テーマも存在することでしょうが、使いたいとは思えません。

実際に感じたメリット4選

実際に感じたメリット4選
  • コストパフォーマンスが高く使いやすい
  • 読者への行動喚起が優れている
  • すぐにブログ記事の執筆ができる
  • コードを触る必要性がない
まふゆ

やっぱりコストなのね!

らん

そこを抜いても4つのメリットがあるからね!

コストパフォーマンスが高く使いやすい

先ほども言いましたが、1万円以内で購入できて機能の良いテーマはスワロー以外に私は知りません。

知識の浅い初心者で「お金をあまりかけたくない」という方にはピッタリなWordpressテーマです。

まふゆ

ブログを運営するなら最低でもスワローを使いましょう!

らん

中学生や高校生でも手の届く料金設定だからね!

読者への行動喚起が優れている

行動喚起とは「SNS媒体やメルマガ等の広告を読者に促す」のが特徴的です。

主にアフィリエイトをする際に便利な機能とされており、ブログを通してお金を稼ぐなら無いと困る機能です。

これは他の有料Wordpressテーマと比べて「読者の目に広告が止まるようにしやすくする」効果があります。

まふゆ

ブログ運営をする上で、経験や年数関係なく便利な機能だね!

らん

ほとんどの人は「お金を稼ぎたい」からね!

すぐにブログ記事の執筆ができる

知識の浅い初心者用にシンプルな構成になっており、記事を執筆すること以外に目移りすることがありません。

通常なら「デザインやレイアウト」等に気を取られてしまうのですが、オリジナルのサイトを作るのに特化していないテーマなので、安心して集中することが出来ます。

まふゆ

最初の頃は記事を書くよりデザインに気を取られるからね!

知識の浅い初心者でも、有料テーマを購入する際は機能重視になってしまう方がほとんどです。

しかし、スワローは機能が標準的で少なすぎず、多すぎないことからブログの機能で悩むことが少ないことでしょう。

そのため、ブログ運営初日からでも記事を執筆することが出来ます。

らん

初日から良いスタートが切れそうだね!

コードを触る必要性がない

スワローでは無駄な機能を省いていおり、ブログ運営に必要最低限の機能が導入されています。

そのため、HTML言語やCSS言語等のコードに触れることなく、始めることが出来ます。

スワローの機能
  • SNSボタン
  • スライドショー
  • 広告型の機能
  • テーマカラーやパーツ変更
  • ウィジェット機能
  • ライティング機能
まふゆ

上記の機能があれば、初心者では十分すぎるよ!

らん

必要であればコードを加えて変更するのも可能だよ!

スワローのダウンロード手順

SWALLOW

有料Wordpressテーマを決めたなら、次はスワローを「購入→ダウンロード→アップロード」の順でブログサイトへ適応させる必要があります。

この過程が無ければスワローを使うことが出来ないので注意してください。

まふゆ

イメージ的にはWordpressとスワローをくっつける感じ!

らん

もともとWordpressと有料テーマは別々だからね!

3つの過程
  • スワローを購入する
  • スワローをダウンロードする
  • WordPressへアップロード

とても簡単だから気を張ること無く、気軽に淡々とこなしていきましょう。

では、まずはスワローを購入する過程から解説していきます。

スワローを購入する

スワローを購入するにはまずスワローの公式ページへアクセスする必要があります。

リンクをクリックすると画面右側に「カートへ入れる」と表示されている文言があるので、クリックしましょう。

カートの中を見ると「WordPressテーマのスワロー」が入っているのがわかります。

まふゆ

確認したら「次へ」をクリック!

らん

次のページでは会員になるための登録!

新規登録ではメールアドレスとパスワードを入力して「次へ」をクリックしていきます。

メールアドレスとパスワードは後に使うことになるので、忘れずにメモを取りましょう。

順序に沿って進めると個人情報と支払方法の情報を入力する画面があるので、入力して確認していきます。

らん

会社名は特に必要ないよ!

特に問題が無ければ、画面下の「確認」をクリックして購入過程終了です。

スワローをダウンロードする

スワローの購入が出来たらダウンロードをしていきます。

お買い上げありがとうございました」と記載のある画面上に「ダウンロード」と書かれたボタンがあるので、クリックします。

この際にスワローのファイルをダウンロードしています。

スワロー用と書かれた文言に「yswallow_custom.zip(約4KB)」とあるので、クリックして再びダウンロード。

子テーマも同様にダウンロードしていきます。

まふゆ

子テーマは右上の「SEACH」ボタンから「子テーマ ダウンロード」でダウンロードしていきましょう。

ここまで出来たらダウンロード過程は終了です。

WordPressへアップロード

スワローでダウンロードしたファイルを次にWordpressへ直接アップロードしていきます。

まずは「自分のWordpressへログイン」してください。

ログインすると管理画面へアクセスされるので、「外観→テーマ」を選択します。

次に画面上部の「新規追加」をクリックして「テーマをアップロード」をクリックします。

ファイル選択」をクリックしてダウンロードしたらスワローファイルを2つアップロードしていきましょう。

まふゆ

親テーマと子テーマの2つだよ!

らん

最初にダウンロードしたモノと後からダウンロードしたモノだね!

親テーマは「yswallow.zip」、子テーマは「yswallow_custom.zip」と書かれています。

どちらもダウンロードしますが、実際に使うのは子テーマである「yswallow_custom.zip」です。

らん

yswallow_custom.zip」を有効化すればOK!

親テーマは特に使わないので心配はいりません。

ABOUT ME
まふゆ らん
ブログを長いことやっています。 ブログ|アフィリエイト|猫を日々愛して毎日を送っています。 フリーなので、大体はPCかスマホとのにらめっこです。 人生の歩み方はそれぞれなので正解も間違えもないという信念を持ち合わせる。