ブログ運営

【アクセス数0】問題意識を解決できるキーワードが原因?←優良記事を作成する

へびくん
へびくん
ブログのアクセス数が増えない…
ねっとここむ
ねっとここむ
記事を量産するとPVは増えるよ!

記事にも2種類に分かれます。

ゴミ記事と優良記事の2つですが、SEO対策との関係性が最も深いです。

ゴミ記事とは?ーSEO対策の出来ていないため、訪問者が大幅に増えない記事のことを指します。

優良記事とは?ー読者に必要とされる記事なので、アクセス数を飛躍的に増やすことが可能です。

優良記事を量産する!問題意識が鍵になる?

  1. 優良記事を量産する!
  2. キーワード対策を学習する!
  3. コンテンツの質を向上する!

ただ読者に読まれるだけでなく、稼げる記事を優良記事と言います。

ブログに訪れた人の問題意識を冒頭で開示した上で、しっかりと解決しているか否かが記事の別れ目と言えるでしょう。

同時に、見栄えや装飾などの文字の書き方についても読者に読まれやすい様に工夫した方がいいですが、これについては後々身につくので気にしなくても大丈夫です。

キーワードが選定されている!

ブログには必ず「タイトル」がついています。

この記事では【ブログ知識】アクセス数を増やすには?0PVからの伸ばし方は簡単!で設定しています。

キーワード構成とは?

当記事のキーワードは「アクセス数 増やす 伸ばし方」のロングテールキーワードです。

その他にも「ビックキーワード」「スモールキーワード」の2つがあります。

詳しくは後に解説しますが、スモールキーワード×ロングテールキーワードが検索上位表示が見込めます。

人気のキーワードは避ける!

ブログのキーワードを選定するのであれば、しっかりとプランを立てられるツールを使うべきです。

無料⇨ラッコキーワード

有料⇨SEOツールラボ

いずれにせよ、キーワードを選択する上ではどちらかのツールが最低限必要になります。

キーワード選定が上手く出来なければ、検索上位にランクインすることはないので、当然ながらアクセス数を増やすことはできません。

キーワード対策を学習する!伸ばし方のコツがある?

  1. 優良記事を量産する!
  2. キーワード対策を学習する!
  3. コンテンツの質を向上する!

キーワードは2種類ある!

「ビックキーワード」と「スモールキーワード」です。

ビックキーワードの例

例)

  • スマホゲーム
  • ケータイゲーム

競争率がとても高く、アクセス数を飛躍的に増やすことは可能だが、検索順位トップを取るのが難しい!

スモールキーワードの例

例)

  • スマホアプリ ゲーム ランキング
  • スマホ 便利 アプリ

競争率が低いので、誰でも検索上位表示が見込めるが、ビックキーワード程の飛躍はない!

スモールキーワードを優先!

アクセス数を伸ばしたいのは皆んなそうですが、ビックキーワードは中々の根拠が無ければ難しいものです。

つまり、「スモールキーワード×ロングテールキーワード」は最強だということであって、アクセス数を増やすにはタイトルも重要であることがわかります。

キーワード対策ができないとどうなる?

読者に必要とされないと評価されてしまうので、検索順位が上がらない、アクセス数が伸びない、稼げないといった負のスパイラルに引きずられます。

キーワード対策はツールを使いましょう!

コンテンツの質を向上する!見栄えも関係がある?

  1. 優良記事を量産する!
  2. キーワード対策を学習する!
  3. コンテンツの質を向上する!

読者に読みやすい環境を整えるためにブログサイトのレイアウトを見直しましょう。

目安は一つの記事で読者の問題意識を全て解決できるものです。

※文字があやふやだったり、意味不明な執筆をしていると読者に伝わりにくくなるので、質は自然と下がります。

そのため、高い質を持つ記事とは内部リンクが少なく、一つの記事で1〜10全て分かるものとされています。

内部リンクは貼ってもいいが、一つの記事に付き1〜3つ程と覚えておきましょう。

質の高いブログの執筆とは?

  • 主張する
  • その理由を述べる
  • 具体例を示す
  • 反論に対する理解を示す
  • 再度主張をする

このように、読者の問題意識をわかりやすく解決できるようになっています。

コンテンツの質で悩んでいるのであれば、自身の執筆方法について見直し、訂正した方がいいでしょう。

まとめ

  1. 優良記事を量産する!
  2. キーワード対策を学習する!
  3. コンテンツの質を向上する!

今回の3つはブログのアクセス数の伸ばし方を詳しく解説しました。

しっかりとこなしたのに、アクセス数を増やすことができない場合は、作成した記事を少し寝かせるといいでしょう。

評価されるまで、多少の時間を必要とするものも数多く存在します。

全ての記事を公開したからと言って、アクセス数が0⇨100など飛躍的に伸びないことは重々覚えておきましょう。

ABOUT ME
まふゆ らん
ブログを長いことやっています。 ブログ|アフィリエイト|猫を日々愛して毎日を送っています。 フリーなので、大体はPCかスマホとのにらめっこです。 人生の歩み方はそれぞれなので正解も間違えもないという信念を持ち合わせる。
RELATED POST