ブログ運営

【ブログ記事のタイトルの役目】32文字が目安【初心者向け】解説

へびくん
へびくん
タイトルって文字数の基準はあるの?
ねっとここむ
ねっとここむ
特にないけどSEO対策をするなら定められているよ!

ブログタイトルはいわばブログ記事の象徴ともいえる大切な場所なので、タイトル次第で検索順位が変わると言えます。

読者が検索エンジン(GoogleやYahooなど)で最初に目にするのは、記事の中身ではなくて記事のタイトルです。

タイトルがしっかりとしていなければ記事の質が良くてもアクセスされる確率が下がってしまうのでもったいない結果になってしまう可能性が高くなります。

「SEO対策 検索順位」の2つのキーワードで検索しているのに対して、検索結果が「SEOはめっちゃ優遇さえれる秘訣を持っているのでブログ初心者にはおすすめ!」と出てきても、読者の理に反しているのでクリックされにくくなります

この記事で分かること

  • タイトルの重要性
  • 文字数とタイトルの関係性
  • 文字の分配方法

ブログのタイトル文字数は32文字がベストなので、その中でキーワードを2個3個入れていくと読者に読まれやすい記事を執筆することができます。

今回はなぜブログタイトルが32文字以内が読者に読まれやすいのかというテーマで解説をしていきます。

途中で分からないことがあれば解説URLを開いて学習しながら参考にしていきましょう!

ブログ記事タイトルが長いと読まれない?読者の目に留まる32文字!

  1. ブログ記事タイトルが長いと読まれない?
  2. 32文字の中に含めるタイトルのコツとは?
  3. 読者目線で考えるタイトルのメリットとは?

ブログタイトルが32文字以下がベストだと言われるのは、検索結果の際に読者が選びやすくなるからです。

ブログ記事のタイトルが32文字以上になると、文字が「…」と表示が変わってしまい、省略されてしまいます

記事のまとめが全て読めない記事をクリックする人は少ないので、検索順位が上がる可能性が低くなります。

はっきりと文字数を決めた上で設定することで、読者の問題定義を述べていると主張することができるので、32文字でタイトルを決めるといいです。

32文字以下でもいい?

ブログタイトルは短すぎても長すぎてもダメですが、32文字以下でも理解のできる文章であれば大丈夫です。

読者に理解されやすい構成方法があるのですが、テンプレートを使ってみると、32文字以下にすることが難しいと感じるので、練習をしていきましょう。

稀に文字数が少なくてシンプルになってしまうこともありますが、一概に32文字が最大なので、32文字以下は大丈夫です。

わかりやすいタイトルでも長い文章になってしまうと逆効果なので、32文字を規定にしておくと決めやすいです。

記号を忘れずにタイトルに含める!

記号は「?」や「!」を活用して読者に伝えやすいブログ記事のタイトルを作成していきましょう

動画のように表現することができるのであれば、記号は必要ありませんが、文章は読者に気持ちの表現を示すことができません。

記号が無ければ伝わりにくい文章構成になってしまうので、読んでいて重要な箇所が見つけにくくなり、つまらない印象を与えてしまいます

少なくとも1つ、可能であれば2つ記号を含めていくと読者の理に叶った表現を示すことができます。

32文字の中に含めるタイトルのコツとは?読者に伝わりやすい2つの工夫!

  1. ブログ記事タイトルが長いと読まれない?
  2. 32文字の中に含めるタイトルのコツとは?
  3. 読者目線で考えるタイトルのメリットとは?

タイトルはブログの中身全体のまとめになるので、ここでは読者を釣るための「餌」として解説をしていきます。

前半16文字(餌)、後半16文字(目的)の計32文字でタイトルを構成していくのですが、読者の意思を尊重するためには重要な役割を果たしてくれます

魚釣りは、餌を海に放つからこそターゲットである魚が釣れるものです。

餌には読者の「知りたいこと」を重視に、目的には読者に読んでもらうための「目的設定」をしていきましょう。

前半と後半で分けるタイトルは読者の為

筆者であれる我々は、文章の中身をすでに知っているのでタイトルはざっくりとまとめた詳細として提示してしまいますが、それだけでは読者のことを考えていません。

読者は検索エンジンを通して、問題意識を解決できそうな記事を模索して訪れてきます。

タイトルで問題意識があやふやであれば、他の優良なタイトル記事のモノへと意識が反れてしまいます

そのために、前半と後半で分ける必要性と読者の問題意識が重要だということです。

前半16文字は強調を意識する!

前半16文字(餌)は話題性+表現を含めると上手いタイトルを作り上げることができることでしょう。

仮に「SEO対策(話題性)+アクセスアップ方法(表現)」という形でSEO対策アクセスアップ方法と定めると、記事の全体像が伝わってきます。

読者の餌としてどんなブログ記事なのかを頭の中で想像できるモノを設定していくといいです

後半16文字は目的を設定する!

後半16文字(目的)では読者の目指すべき場所を設定してあげると、前半部分の協調を引き立てることができます。

SEO対策アクセスアップ方法とは?(前半)+月20万円稼いだ実績者が告げる!(後半)」とすると、前半部分がより強調されているのがわかります。

目的もそうですが、後半では「答え」を述べると言ってもよさそうですね。

合計で32文字になれば大丈夫!

前半(16文字)と後半(16文字)にするのは、あくまで目安なので、前半(12文字)と後半(20文字)でも大丈夫です。

シンプルですが、わかりやすく完結に読者に伝えることができるので、記事のタイトルを考える際はこのような形がベストです。

複雑で何を伝えたいのかがわからないタイトルよりもシンプルで完結しているタイトルの方がわかりやすいので、推奨します。

読者目線で考えるタイトルのメリットとは?読む人は自分ではない!

  1. ブログ記事タイトルが長いと読まれない?
  2. 32文字の中に含めるタイトルのコツとは?
  3. 読者目線で考えるタイトルのメリットとは?

SEO対策で考えると、読者目線でタイトル構成をすることは高評価につながることでしょう。

ブログをやっていると、同時進行でSNS媒体を使う機会が増えますが、拡散する際にもブログ記事のタイトルというのは重要になってきます。

どれだけ中身の文章が読者の問題意識を解決できていても、最初から目を通せるわけではないので、タイトルが読者目線でなければ、SNS媒体で拡散してもアクセス数は増えないでしょう

少なくとも読者目線でブログのタイトルを構成すると、SNS媒体でもSEO対策でもアクセス数の増加だけでなく、最後まで読まれる記事になります。

まとめ:アクセス数=読者に読まれるタイトル

アクセス数が伸びるということは、「Google評価(SEO対策)」or「SNS媒体の拡散」が上手くいっている証拠です。

SEO対策はブログ記事のタイトルだけではなく、中身である文章も大切ですが、SNS媒体はタイトルがよければ流入を望むことができます。

ブログの中身である文章をマスターする前に、タイトルの構成をしっかりと抑えた上で、読者の問題意識が解決できる記事を作成していきましょう。

ABOUT ME
まふゆ らん
ブログを長いことやっています。 ブログ|アフィリエイト|猫を日々愛して毎日を送っています。 フリーなので、大体はPCかスマホとのにらめっこです。 人生の歩み方はそれぞれなので正解も間違えもないという信念を持ち合わせる。
RELATED POST