Wordpressツール

【Googleサーチコンソール】設定方法と登録手順【ブログ】解説

Googleサーチコンソールとは「Googleが提供している検索結果分析ツール」です。

主にGoogleで検索されたキーワードや表示回数、クリック数を調べることが出来ます。

また、「検索結果に表示されていないなどの問題点を知ることが出来るツール」なので、Googleアナリティクスを組み合わせて使っていくと良いです。

All in One SEOというプラグインと連携させることで飛躍的に検索結果分析を行うことが出来るので、両者の連携を兼ねて解説をしていきます。

Googleサーチコンソールでできること
  • 検索キーワードを知ることが可能
  • ページ内の問題点を知れる
  • セキュリティ問題に気づける
  • アクセスの経路を確認できる

ブログサイトを運営するのであれば「Googleアナリティクス」と「Googleサーチコンソール」の2つは無くてはならないツールです。

無料ブログを運営するのであれば必要のないツールではありますが、有料ブログを運営するのであれば「分析」をしていく必要があるので、必須ツールだと言えます。

GoogleサーチコンソールはGoogleが提供している「無料ツール」です。

今回はGoogleサーチコンソールの登録方法を解説していきますが、Googleアナリティクスを登録してからの方がスムーズに事が進みます。

この記事を見てわかること
  • Googleサーチコンソールの登録方法
  • All in One SEOとの連携方法
  • 検索結果分析のやり方

この記事を最後まで読むことでGoogleサーチコンソールを登録するだけでなく、All in One SEOとの連携まで出来るので、まだGoogleサーチコンソールを登録していない方は参考にしましょう。

Google提供の検索結果分析ツール

Googleサーチコンソールを登録するなら、All in One SEOと呼ばれるプラグインと連携しながら一緒に登録」を進めると良いです。

All in One SEO とは知識の浅い初心者でもかんたんにSEO対策(検索エンジン最適化)を行うことが出来るプラグインになっています。

実際にどんなプラグインなのか知りたい方は初心者におすすめなプラグインという記事で紹介しているので、参考にしてみてください。

まふゆ

All in One SEOは初心者の味方!

らん

今回はGoogleサーチコンソールを登録するよ!

登録完了するまでの流れ
  • ①Googleサーチコンソールへ登録
  • ②ログイン画面から設定
  • ③プラグインでXMLサイトマップ登録
  • ④管理画面からXMLサイトマップ登録
  • ⑤Google検証コードをコピー
  • ⑥All in One SEOへ貼り付け

まず、All in One SEOとGoogleサーチコンソールを連携するには「Google検証コード」を取得して、専用の枠にコピー&ペーストする必要があります。

All in One SEOのプラグインをダウンロードして有効に出来たら、一般設定内の「WEBマスターツール」クリックしてみましょう。

らん

Google検査コードは下記の空白に加えるよ!↓

google-search-console

中央左上にGoogleと記載されているボタンを一度クリックすると下部に「Google検証コード」と表示されます。

その右に入力できる空白が表示されるので、ここのコードを取得するためにGoogleサーチコンソールを登録します。

①Googleサーチコンソールへ登録

Googleサーチコンソールに「登録したことがある方」はこちらからログインてください。

Googleサーチコンソールに「登録したことが無い方」はこちらから新規登録してください。

まふゆ

Googleサーチコンソールはこんな感じ!↓

google-search-console
らん

ログイン画面で「今すぐ開始」をクリック!↓

google-search-console

すると「Google Search Console へようこそ」という文言が表示されます。

②ログイン画面から設定

中央右に表示されている「URL プレフィックス」に独自ドメインを入力しましょう。

まふゆ

独自ドメインは「https://○○.com」だよ!

google-search-console

入力すると所有権の確認に入りますが、以下の画像で止まってしまう場合はGoogleアナリティクスの登録が正常ではない可能性があります。

Googleアナリティクスの登録が済んでいれば「所有権の確認」が出来ます。

google-search-console

所有権の確認が終わればGoogleサーチコンソールの管理画面へアクセスされます。

③プラグインでXMLサイトマップ登録

無事にアクセスされたら次に「XMLサイトマップの登録」です。

XMLサイトマップはAll in One SEOのプラグインからも設定できるので、解説していきます。

サイトマップはGoogle XML Sitemap等の他のプラグインでも可能です。

らん

サイトマップはクローラーが巡回してるときに見つけやすくしてくれるよ!

④管理画面からXMLサイトマップ登録

All in One SEOにマウスのカーソルを合わせるとサイトマップと表示されるので、クリックしましょう。

まふゆ

画像のページにアクセスされるよ!↓

画像と全く同じように設定項目を変更していきましょう。

google-search-console
google-search-console
google-search-console
google-search-console

全て終えたら「変更を保存」をクリックして保存しましょう。

ここまで出来たらサイトマップの登録が完了しているので、Googleサーチコンソールの管理画面を開き、左のインデックス欄に表示されている「サイトマップ」をクリックします。

新しいサイトマップの追加と記載があるので、独自ドメイン横の空白に「sitemap.xml」と入力します。

google-search-console

入力後に「送信」を押すとサイトマップを送信しましたと言う文言が出てきます。

らん

これで完了だよ!

⑤Google検証コードをコピー

設定は全て終えたので、「Google検証コード」を確認していきましょう。

Googleサーチコンソールの管理画面に「設定」の項目があるので、クリックします。

すると、下記の画像のように所有権の確認画面へアクセスされます。

google-search-console

HTML タグ」「Google Analytics」「ドメイン名プロバイダ」の3つの中から1つ選択して、右側に表示されているコピーをクリックしましょう。

⑥All in One SEOへ貼り付け

まふゆ

後は下記の画面にペースト(貼り付け)をするだけ!

google-search-console
ABOUT ME
まふゆ らん
ブログを長いことやっています。 ブログ|アフィリエイト|猫を日々愛して毎日を送っています。 フリーなので、大体はPCかスマホとのにらめっこです。 人生の歩み方はそれぞれなので正解も間違えもないという信念を持ち合わせる。
初心者でも安心WordPressテーマ3選
  • AFFINGER6

    知識の浅い「初心者から上級者まで幅広く使えるWordpressテーマ」です。 簡単にオリジナルのデザインを作ることが出来るので、「サイトの見栄えを整えたり、広告を見やすく配置する」ことが可能です。 また、SEO内部対策がされているので検索上位表示が望める他、広告費で稼げる可能性が高まります。 経験を積めば「デザインとWEBマーケテイング」でよりお金を稼ぐアフィリエイターをして活躍することが出来ることでしょう。
  • THE THOR

    「プログラミングの知識が無くてもおしゃれなブログサイトが作れます。」 このWordpressテーマの中には「便利な機能が多数備え付けられている」ので、プラグイン等の難しい知識が必要ありません。 アフターフォローがしっかりしているので、「テーマのインストールが終わるまで個人選任の担当者がメールにてサポート」してくれます。 購入者同士で交流を図ることも出来るので、カスタマイズ等で困ったときに使っていくと便利です。
  • SWALLOW

    初心者へおすすめ出来る「有料Wordpressテーマの中で最も安価な価格で使える」のが特徴的です。 デザインはスッキリとシンプルなモノを採用しており、「Google推奨のマテリアルデザイン」を使っていることから、SEO対策的にも有効です。 「ブランディング告知や広告にて商品紹介をする際にフルワイドで使用できる」ので、訪問者へのインパクトが過激になっています。
RELATED POST