過去記事のまとめ

【ブログサイトの仕組み】わかりやすい例え!【初心者向け】解説

へびくん
へびくん
ブログサイトの仕組みってどうなっているの?
ねっとここむ
ねっとここむ
独自ドメインとレンタルサーバーで作られているよ!

ブログサイトを運用するとなると、仕組みを少しだけ理解する必要があります。仕組みを知らなくても運用できるのが「無料ブログ」であり、仕組みを知らなければ「有料ブログ」は運用できません

ネットサーフィンをすると、サイト上に「https://」というアドレスを見かけたことがあると思います。これを独自ドメインといいますが、無料ブログでは自主的に好きなアルファベットで構成できません。これだけでも十分にブログサイトをやるのに仕組みを理解する必要があると思いませんか。

私のブログで例えると分かりやすいです。当サイトは「https://mafurab.com」でトップページが表示されるのですが、その中のhttps://の後のmafurab.comがドメインに値します。

この記事で分かること
  • 独自ドメインの役割
  • サーバーの役割
  • ブログサイトの仕組みについて

無料ブログを始めるなら、ブログサイトの仕組みを理解する必要はありませんが、多少の知識は身に着けておくと良いです。今後無料ブログでも独自ドメインが無料で手に入るかもしれませんしね。

インターネット上でブログサイトを作ってみようと思っている方は、今回紹介するブログサイトの仕組みの他、独自ドメイン、レンタルサーバーについても耳に入れておくと良いです。

ブログサイト開設の知識!土地と住所と家を活用!

  1. ブログサイトを開設するための3つの知識?
  2. 独自ドメイン(住所)の役割とは?
  3. サーバー(土地)の役割とは?
へびくん
へびくん
ブログサイトを開設したいんだけど、どうしたらいいの?
ねっとここむ
ねっとここむ
そしたらまずは知識を身に着けよう!

ブログを開設するということは、イメージは「家を建てる」ことと等しい気がします。難しく考えてしまえば、サイト作りからプログラミング言語のスキルなどの話になるので簡単に解説します。

家と言えば、土地と住所があって初めて家が建てられますよね。つまり、土地と住所の2つが無ければ家を建てることは不可能です

For example
この家という例えは土台の話にもなるので、ブログサイトの仕組みも土台が必要なんだなと思っていれば大丈夫です。無料/有料ブログにしても、プログラミング言語のスキルは必要ないのでネットサーフィンだけで十分にブログサイトの仕組みは理解できます。

ネットサーフィンをするのが面倒くさいからブログサイトを運用する方法を学びに「講演会」や「教材の取り寄せ」を行うこともあるでしょうが、時間の無駄です。少し調べればわかるので、あきらめずに学習しましょう。

実際にブログサイトは「独自ドメイン」と「レンタルサーバー」を契約することを覚えていれば無料/有料ブログのどちらにせよ運用することが出来ます。

ホームページは家?簡単に理解できる?

ホームページは家のことを示しており、「土地」や「住所」が無ければ運用することは出来ません。ただ、家としてホームページを例えるとすれば、ブログサイト自体は無料で使うことが出来ますが、家は毎月支払いがあるので、その点だけ違いますね。

ここで言うホームページとは、ブログサイトのことを示しています。また、ブログサイトのことを家として例えています。土地や住所が無ければ「何もない空間上に存在する」ことになりますが、不可能ですよね。

しっかりと土台があるから建物を建てることが出来ます。住所があるから「家の所在」が確認できるというものです。

無料ブログでは既に土地や住所は運営会社側で設定が済んでいるので、お金を支払うことなく、利益だけを生むことが出来るということです。しかし、無料ブログでは有料ブログにはないデメリットがあるので注意して使うと良いでしょう。

【有料/無料ブログの違い】選択の分岐点とは【初心者向け】に解説 無料ブログと有料ブログの違いは「所有物として財産にできるか否か」に限ります。金銭面についてもそうですが、一般的に自由度...

ブログサイトの仕組みは家で例えると、すごく簡単に見えるので、堅苦しく悩まずに、「土地」と「住所」を契約してから「家」を建てるんだな程度にて覚えておくと良いです。

土地とは

「土地」とはブログサイトにおける「レンタルサーバー」を示しています。契約するサイトにもよりますが、月額1,300円前後位で使うことが出来ます。

また、レンタルサーバーの契約は3ヵ月更新が多いので、毎月1,300円程の料金を支払うのではなく、3カ月の合計金額である3,900円程の金額を支払う形です。

契約のパターンにもよりますが、最初のうちはレンタルサーバーの料金の安い所と契約すると良いでしょう。利益が直ぐに出るほどブログの世界は甘くありません。

住所とは

「住所」とはブログサイトにおける「独自ドメイン」を示しています。これも契約するサイトにもよりますが、月額100円前後位で使うことが出来ます。

オークション形式で販売されているドメインから新規で購入することの出来るドメインがあります。ドメインの形態は6つあり、それぞれの形態によって料金が異なってくるので、気を付けていきたいです。

ドメインにはたくさんの種類がありますが、国によって認識の高いモノがあれば、少ないモノがあります。後者のドメインは危険なサイトとして見られてしまうので周囲して選ぶと良いでしょう。

独自ドメインの役割!種類は6つある!

  1. ブログサイトを開設するための3つの知識?
  2. 独自ドメイン(住所)の役割とは?
  3. サーバー(土地)の役割とは?
へびくん
へびくん
独自ドメインってなに?
ねっとここむ
ねっとここむ
家で例えると、住所に値するよ!

独自ドメインは6つの種類があります。自身の好みで選ぶのは良いことですが、適当に選んでしまうとSEO対策的にも、サイト的にもあまりいい印象はないので、独自ドメインがブログサイトにおいてどんな役割があるのかを知っておきましょう。

知識が無くても、見覚えのない形態のドメインを好んで選択する方はいないと思いますが、「怪しいサイト」と認識されてしまう可能性が高まります。その結果、上位表示されかったり、直帰率のパーセンテージが高くなります。

For example
インターネット上ではクリック詐欺などの被害が増えれ行く中、ドメインを確認してからサイトへのアクセスを試みる方が増えていっています。全く見覚えのないドメインでブログサイトを公開していても「見たいと思える記事以前の問題」に直面してしまうことでしょう。

変わったモノが好きという方は、有名所のドメインは使わないでしょうが、ある程度の記事を執筆することが出来る、知名度がある、などの影響力が無ければアクセス数は絶望的です。

私が使っているブログサイトの独自ドメインは「.com」なので、困ることはありませんでした。日本だけに留まらずに最も人気のあるドメインなので、不信感無くアクセスしてくれるように選択をしています。

独自ドメインの種類?どんなモノがある?

独自ドメインの6つの中でも、日本でよく見られるドメインは「.com」や「.net」なので、記事のアクセス数を増やすためには、2つの内どちらかを利用するべきです。

日本であまり見かけない独自ドメインを使えば、迷惑サイトに間違われる可能性が高まるので、ブログサイトのアクセス数(pv)が上昇しずらくなり、結果としてみてもらえなくなります。

最初は誰でも知名度はありません。SEO対策やSNS媒体での拡散をして読者をつけるしかアクセス数を上昇させることは出来ないです。

中古のドメインを購入してのブログサイト運営をするのであれば、それなりのSEO対策は出来ているので、アクセス数はある程度獲得できることでしょう。しかし、それだと初期費用が高くなってしまいます。

【ドメインを契約するなら】おすすめはある?【初心者向け】解説 webサイトを作成して新しいサービスを始める際に欠かせないのがドメインです。 インターネット上で何かしらを公開し...

素直に目的があるのであれば、新規で「.com」もしくは新規で「.net」を使うと良いです。初期費用が高くなってもいいのであれば中古ドメインを使うのも良いですね。

6つの独自ドメインとは?

ドメインの種類
  • 「.com」
  • 「.jp」
  • 「.net」
  • 「.site」
  • 「.blog」
  • 「.me」

独自ドメインの効果とは

ドメインの種類
  • 「.com」世界で最も登録数の多いドメイン。
  • 「.jp」安心と信頼の国産ドメイン。
  • 「.net」ネット関連サイトに最適なドメイン。
  • 「.site」あらゆるサイトで使われているドメイン。
  • 「.blog」ブロガーにおすすめなドメイン。
  • 「.me」自己表現にぴったりなドメイン。

レンタルサーバーの役割!選択基準は利用者数!

  1. ブログサイトを開設するための3つの知識?
  2. 独自ドメイン(住所)の役割とは?
  3. サーバー(土地)の役割とは?
へびくん
へびくん
レンタルサーバーってなに?
ねっとここむ
ねっとここむ
家で例えると、土地に値するよ!

レンタルサーバーとの契約時には、複数の会社が存在するので見極めるのは至難の業です。私が最初に契約したのは「知名度の1つ」なので、深く調べようとはしませんでしたね。

実際にブログサイトを運用してみて、ネットの高速化は絶対に外せないと思ったので、知名度はあながち選択肢の1つに入れて間違いはなかったです。安価なサーバーばかりを選んでも、どこも似たような料金体制を取っているので、悩むだけ時間の無駄です。

For example
日常生活で必要な食料品などには最低基準の料金体制が決められているように、レンタルサーバーも決められているのかなと思えるほど、一律として金額が変わりません。最も安すぎるサーバーを見つけたのであれば、何か欠落している可能性があるので、確認してみてください。

レンタルサーバーの料金が毎月安く契約が出来るのであれば、ブログサイトを運用しようと思えますが、高すぎては「やる気が受けます」よね。判断基準は「全体の平均な料金体制」をしていることです。

つまり、知名度が高ければ安定したレンタルサーバーであることが言えるので、悩んでしまう時間がもったいないと感じる方や仕組み自体よくわからないという方は「知名度」で選ぶのも良いです。

知名度が良いサーバー?サポート重視?

レンタルサーバーは何かとサポートが重要で、気軽にお問い合わせ等が出来なければ初心者には難しく感じてしまいます。初期に設定したIDやPSがわからないのにお問い合わせが返ってこないとなると、やる気が失せてしまうことでしょう。

知名度の高いサーバーを選べばどこでも「返信スピードが速いのかと問われると、そうではありません」。しかし、大体は24時間以内に返信が来るので、困った事態が起こっても気軽にお問い合わせが出来ます。

私が使っているレンタルサーバーはお問い合わせをしても半日で帰ってくることが多かったので、始めたての頃はさまざまなエラーに対しても簡潔に解決することが出来ました。ネットサーフィンで調べながら待って、答え合わせをすることをよくやっていましたね。

書籍を購入した、サロンに加入したなどでお問い合わせは必要ないという方もいるでしょうが、エラーなどの画面は、その画面に合った管理会社に問い合わせるのが一番です。変に触って後戻りが出来なくなるのは悲しいですよ。

【レンタルサーバーを契約するなら】どこがいい?【初心者向け】解説 インターネット上にホームページを公開するために、セキュリティ設定をする必要があるので、レンタルサーバーを使います。 ...

サポートの連絡は出来るだけ早く正確な情報を返してくれるところが好ましいです。学校のように学びを提供されて、ブログサイトを運用するわけではないので、一つ一つ自身で確認していく必要があります。

ありがちな問題とは

ありがちな問題
  • アドレス変更にてページ紛失
  • コードを触ってページ紛失
  • IDとPass忘れてログインできない

知名度を重視した理由とは

ありがちな問題
  • ネットサーフィンで問題解決できる
  • 利用者数は信憑性に値する
  • サーバー評価を客観的に見た意見が多い

【レンタルサーバーを契約するなら】どこがいい?【初心者向け】解説

月500万稼ぐブロガーが「ブログ収入」が生まれる仕組み2つを解説!

ABOUT ME
まふゆ らん
ブログを長いことやっています。 ブログ|アフィリエイト|猫を日々愛して毎日を送っています。 フリーなので、大体はPCかスマホとのにらめっこです。 人生の歩み方はそれぞれなので正解も間違えもないという信念を持ち合わせる。
RELATED POST