過去記事のまとめ

【何を書く】か迷っている方は真面目すぎる【ブログ】解説!

初心者からベテランのブロガーまでがブログで何を書けば良いのか迷っているのは真面目すぎるからです。

結論を最初に言えば、「適当で良いから3000文字の記事をひたすら書きましょう。」内容で思考が止まるのもわかります。

先日、下記の様なツイートをしたので深掘りしていきます。

しかし、その考える時間が勿体ない。

ブログは執筆してから反映するまで2ヶ月程かかる。

悩んでいる暇があったらゴミ記事になるとしても書くことを優先した方が自分の成長に繋がります。

  • 最初から完璧を目指す
  • 文字数を固定で決めてる
  • ライバル意識が高い

上記の3つは「ブログで何を書くか迷っている方の典型的な思考」になっています。

今回の記事ではそれに加えて、何を書けば良いのかを助言をしていきます。参考までに目を通しておくと良いでしょう。

ブログで何を書く!完璧主義者はだめ?

読者の問題意識に沿って文章を書かなければ、最後まで記事を読んでもらえません。

何を書くと読んでもらえるのかは単純です。ペルソナ設定に基づいて「必要だと思える知識を与えられる文章」を執筆することです。

自分の好きな内容を書いてもいい。相手が必要だと思える内容を書いてもいい。ブログは個人の自由なので、深く考えなくても大丈夫です。

そもそも気軽にブログを書く方は以下の3つを気にしてません。

  • 最初から完璧を目指す
  • 文字数を固定で決めてる
  • ライバル意識が高い

ブログは読者の問題意識が解決できればそれで大丈夫です。

完璧主義者がダメな理由

完璧主義者の全員がダメだと言うわけではありません。ブログはハマったらなかなか抜けられない沼があります。

その沼が完璧主義者ほどハマってしまうので、注意していきましょう。

最初から完璧を目指す

ブログは100記事書いてからがスタートラインです。

しかし、完璧主義者は1記事目から膨大な計画とともにスタートを切ろうとするのでダメです。ブログで何を書くと高評価につながるのかは最初に悩んでも埒が空きません。

答えはブログ記事を執筆している際にふと感じることがあります。

つまり、ブログを書かない事には答えは見つからないと言うことです。

悩みはいつでも解消出来ますが、実績を積み上げるには時間が必要です。

文字数を固定で決めてる

SEO対策的にはブログの文字数は一切関係ないことを知っていますか?質の高い記事を作成すると3000文字は超えます。

超えない内容のモノもありますが。

初めのうちに3000文字、5000文字、8000文字を書くと決める方がいます。結果的に何を書くと良いのかわからなくなるのでおすすめはしません。

ブログで何を書くのかより「重要なことは自分の書きたいことを読者に伝える」ことです。

人気ワードの検索順位上位は8000文字以上が大半ですが、無理して真似する必要はありません。

文字数よりも質の高い記事作成を目指しましょう。

ライバル意識が高い

ライバル意識が強いと何を書くと良いのかがわからない地獄に陥ります。ブログではジャンル選びが肝心のように、ライバル意識の方向性も肝心です。

「方向性、文字数、書き方等のライバル意識」がブログでは見受けられます。

その中でどれが負けたく無いですか?

因みに、3つ全てにおいて負けたく無いという答えはオワコンです。

最低でも1つ。

結論を言えば全てにおいて最初のうちは必要ありません。

ライティング力を極めるために毎日投稿しましょう。

サイトは自分の貯蓄庭だと思え

最初は面白いネタを探すなり、自分で書きたいと思う記事を作れば大丈夫です。

初心者のうちに質の高い記事を作るのはほぼ無理ゲーですからね。訪問者が納得してくれるブログ記事を作成することが理想です。

しかし、初心者は知識が浅いので無理です。

知識を身につけてから執筆する判断もできますが、時間が勿体無い。

では、どのようなことを書けばいいのでしょうか。

  • 雑記系ブログ
  • 特化型ブログ
  • アフィリエイトブログ

大まかにブログを分ければ3つに絞ることが出来ます。それぞれの書き方を解説していきます。

広く浅くコンテンツを作成する

初投稿はほとんどの人の目に止まらないので、ブログ記事にすることを広く浅くまとめれば良いです。

堅苦しく考えるから「何書くと良いのか」わからなくなってしまいます。

雑記系ブログ

今日のあった出来事をテーマにして話を広げていきます。出来るだけ話題性を持って完結に書くことがコツです。

買い物したものでも良いですね。

雑記系ブログはYouTubeにも繋げやすいので、方向性を考えていくと面白いかも知れません。

基本的に自分の書きたいことを書けるので、最初のうちはおすすめです。

特化型ブログ

ブログジャンルを確認した上で、どんなものを書きたいのかを定めると良いです。

最初のうちは「キーワードを出来るだけたくさん使って執筆」をするように心がけしましょう。

アフィリエイトブログ

基本的にアフィリエイトブログは「何を書くというより、どんな商品を紹介したいか」に焦点を合わせていきましょう。

トレンド商品を狙ったり、人気商品、成果単価を見極めて書きます。

特に難しく考えてしまいがちなマーケティングですが、時間が経てば解決します。「試行錯誤をしながら自分に合ったマーケティングを覚えていきましょう。

周りを参考にすると質の高い記事が作れます。

しかし、最初の100記事は書きたいように執筆してから答え合わせをした方が今後のためになります。

何を書くか迷い続けた!その結果とは?

私はブログを始めた初日から「何を書くか迷い続ける」苦い思い出がありました。

その結果、多くの時間を無駄にしてしまいました。

大切なのは何を書くかではなく、100記事をどれだけ早く書き終えるか」だったのに。

その後は出遅れて記事を量産する流れになります。

  • 記事の質が悪い
  • お金が稼げない
  • スキルが身につかない

沢山のデメリットに襲われましたが、その内の3つを紹介します。

やると決めてから時間が経ったらどうなるのか。

習慣化にすることが出来ない

ブログサイトを作るには習慣化として取り入れる必要があります。

習慣化に出来なければ、やる気が失われてしまいます。

記事の質が悪い

何を書くのか迷っている時間のおかげで「記事の質が自然と落ちてしまう」ので、本当のゴミ記事になります。

誤字、脱字はもちろんのことですが文章として成り立っていないことが多かったです。

もちろん、時間が経てばリライトすることも可能です。

しかし、ゴミ記事をリライトするスキルは持ち合わせていなかった。

何を書くとかごちゃごちゃ言わずにブログ記事を書けばよかったと今でも思います。

お金が稼げない

最初はASPでのアフィリエイト収益を上げるのは難しいです。

因みに、ASP広告だとA8ネットafbが主流で使われていますね。

しかし、グーグルアドセンスだと1円から稼げるので、割と簡単に稼げます。

ブログ記事の質が悪いと読者が付かないので、当然のようにお金は稼げません。

読まれることを意識」して執筆していない以上、押し間違え等でしか訪問者を増やすことは難しいです。

1円でも早めに稼げればやる気に繋がります。

スキルが身につかない

ブログ記事を作成する上で「焦りは1番の敵」と言えることでしょう。頭の整理が付かず、伝えたいことを伝えられないので注意しましょう。

ライティング技術は1つ1つ熟すから身に付きます。

それが出来ないとなると厳しいです。

何を書くか迷うことはブログサイトをやる上での天敵とも言えるでしょう。

ABOUT ME
まふゆ らん
ブログを長いことやっています。 ブログ|アフィリエイト|猫を日々愛して毎日を送っています。 フリーなので、大体はPCかスマホとのにらめっこです。 人生の歩み方はそれぞれなので正解も間違えもないという信念を持ち合わせる。
初心者でも安心WordPressテーマ3選
  • AFFINGER5

    知識の浅い「初心者から上級者まで幅広く使えるWordpressテーマ」です。 簡単にオリジナルのデザインを作ることが出来るので、「サイトの見栄えを整えたり、広告を見やすく配置する」ことが可能です。 また、SEO内部対策がされているので検索上位表示が望める他、広告費で稼げる可能性が高まります。 経験を積めば「デザインとWEBマーケテイング」でよりお金を稼ぐアフィリエイターをして活躍することが出来ることでしょう。
  • THE THOR

    「プログラミングの知識が無くてもおしゃれなブログサイトが作れます。」 このWordpressテーマの中には「便利な機能が多数備え付けられている」ので、プラグイン等の難しい知識が必要ありません。 アフターフォローがしっかりしているので、「テーマのインストールが終わるまで個人選任の担当者がメールにてサポート」してくれます。 購入者同士で交流を図ることも出来るので、カスタマイズ等で困ったときに使っていくと便利です。
  • SWALLOW

    初心者へおすすめ出来る「有料Wordpressテーマの中で最も安価な価格で使える」のが特徴的です。 デザインはスッキリとシンプルなモノを採用しており、「Google推奨のマテリアルデザイン」を使っていることから、SEO対策的にも有効です。 「ブランディング告知や広告にて商品紹介をする際にフルワイドで使用できる」ので、訪問者へのインパクトが過激になっています。
RELATED POST