生活/ペット

猫の食べてはいけない果物と吐く原因【バナナは与えてもいい?】

普段から私たちが口にしている『バナナ』なのですが、これを猫に与えても大丈夫なのでしょうか。猫などの動物に我々が食している物を知らぬ間に与えていたら『大変』なことになってしまいます。実際に多くの猫は『バナナ』を食していますが果たして体に対して悪影響を与えていないるのではと考えるのには意図があります。バナナを食べた猫は『吐く』動作を見せているという事です。
バナナを食べて実際に吐いているのであれば『絶対与えれてダメ』と解釈されても仕方のない事です。実際にバナナの臭いが嫌いな『』が多いです。理由と原因をこの記事にまとめました。

猫がバナナを食べても良いの?


普段猫に与えるものは『ウェットフード』や『ドライフード』です。おやつとして『ガム』や『ちゅーる』などがあげられます。しかし、我々が料理を作っていて猫が『にゃー』と頂戴と言って来たら恐らくあなたは迷うことでしょう。
バナナを与えても良いの?『』は無いのか。だけど猫がバナナを口にすると『吐いて』しまうことがあるとも言われている。

猫がバナナ食べるメリット

バナナは我々が作り出す食べ物では無く、自然の恵みからなる果物です。ビタミンが多く含まれているバナナのメリットは猫に必要な『水分量』が多く含まれている点です。水分量が多い分だけだと『ウェットフード』でもと考えられますが、+αで『ビタミン』が含まれています。うちの猫は病気。食べ物を食べるのに痩せる?食べないで吐く?
このビタミンから猫の『血液循環』を良くしてくれるので愛猫の毛並みがとても『ツヤッツヤ』の自慢の毛並みと進化していきます。と同時に健康体に慣れるという事です。

バナナを与えて良いの?

結論を最初に答えましょう。バナナを猫に与えてもいいのか。『与えて大丈夫』です。臭いが嫌いで食べようとしない猫には無理してまで与えなくて大丈夫です。猫の嗅覚は凄まじいので『臭い』と認識してしまいます。バナナには猫に必要な『栄養素』がたっぷり入っているので与えているうちに猫側が慣れたのであればバナナ=おやつとして与えていくのも良いでしょう。猫の餌ウェットフードとは?急に食べなくなった。舐めるだけで残す?
ただし、与えすぎは良くないのでしっかりと注意点を読んだ上で猫に『バナナ』を正しく与えましょう。初めて与えた際に『下痢』の症状を見せることがあるので様子を見ながら与えることが好まれます。

バナナの栄養素

バナナの良いところは何といってもエネルギーに変換する事が『早い』事です。我々のスポーツマンが運動前に取るくらいです。バナナの栄養素は下記の様にたくさんの栄養があります。

・ミネラル
・ビタミン
・食物繊維
・カリウム
・マグネシウム

猫にバナナを与えて得る効果


人間のスポーツマンに対してのエネルギー摂取として力を発揮する『バナナ』ですがどのような形で猫にとって良い効果を発揮するのでしょうか。バナナを与えるにしてもどれくらいの量が好ましいと言われているのでしょうか。
実は『バナナ』は『便秘』にも効果を発揮してくれるのでバナナの摂取は便秘の改善方法として紹介されていることが多いです。

身体が活発化になる

ビタミンによって『血行』が良くなるので『健康的』な皮膚と『健康的』な毛を生み出してくれます。このビタミンは栄養素も高く『ナイアシン』と呼ばれています。
上記の様に血行が良くなったり皮膚が良くなった毛が良くなったと感じるようになったら『ナイアシン』の活躍のおかげであることが言えます。だからと言って『バナナ』の取りすぎはいけません。つまり、バナナは猫にとっても人間にとっても『エネルギー』の源ということに変わりは無いということです。

エネルギー補給になる

バナナの糖質というのは人間だけ『ブドウ糖』が働いているのであればそれは勘違いです。猫にもバナナの糖質の働きはあります。また、水分も豊富なのに対しエネルギー補給が他の食べ物に比べて一段と早いです。
人間同様に運動後の食べ物として、運動前の食べ物として与えることで猫の『猫の本性』を十分に発揮してくれるかも知れません。

しかし、取りすぎはNG

人間でもそうですが栄養多量摂取はとても体に悪いことですよね。それは同様に猫でも同じことが言えるのです。『猫の体重』を基に見合ったサイズにバナナを切り、『カロリー』の過剰摂取を避けつつ与えましょう。猫がうんちしない!?便秘で動かないでうなる真相と原因と歩き方
猫の体を心配して先読みをしておく事こそが『飼い主の役目』なのです。愛猫の先読みができないとのことであれば『観察』が足りないことが言えます。もっと構ってあげましょう。

猫がバナナを吐くのはなぜ

飼い猫に近づくと逃げるのはなぜ?猫を撫でられない理由
愛猫は何かの『病気』を患っていませんか?『』を服用してませんか?バナナの『』を食べていませんか?この3つ様な際にバナナを与えてはいけません。
また、『アレルギー』反応を起こしている可能性も考えられます。最初は少しのバナナで様子を見てあげたほうがよさそうです。

猫のバナナを与える注意点

人間と全く同じ様に猫がバナナを食べられると思うのはやめましょう。まず、猫は苦手なものがたくさんあります。その中の一つに『冷たいもの』も含まれています。バナナは『暖かい』『冷たい』のどちらか尋ねられると『冷たい』を選ぶと思います。猫と暮らすと癒し効果!?もふもふが最高!なぜか仕事が楽に!
猫は冷たいものを食べると『下痢』の症状が起きてしまうことや『食欲不全』ということになってしまうことも。

バナナを食べやすくカット

バナナをそのまま与えてしまうのは絶対ダメと言うことではありませんが、『一本丸ごと』は多すぎる。『食べにくい』からです。猫が最も食べやすい大きさは大体『1cm』未満です。猫の頭突きは愛情表現!朝足にゴロゴロ言いながら挨拶するまとめ
大体『1cm』未満で与えれば、猫に対して栄養の過剰摂取になる事もカロリーの取り過ぎになってしまうことを避けられます。そのデメリットを避けて猫に『安心』『安全』で食べてもらえます。

吐いてしまった!?

なぜ猫がバナナを食して『吐いた』のには必ず原因が有ります。考えられることとしては以下の通りです。

  • 病気
  • 薬の服用
  • バナナの皮を食べた
  • アレルギー
  • 初めてのバナナで驚いた
  • 猫には冷たかった
  • 食べすぎ

が考えられる事です。吐いてしまうことの原因として挙げられることは大抵『バナナ』を与えてはいけない仕法で与えている可能性が考えられます。
しかし、初めてのバナナに抵抗してしまい吐くことは少なからずあることなのでなぜ、吐いたのかを『観察』を通して病院へ連れて行くかどうするかを見極めましょう。

ABOUT ME
まふゆ らん
ブログを長いことやっています。 ブログ|アフィリエイト|猫を日々愛して毎日を送っています。 フリーなので、大体はPCかスマホとのにらめっこです。 人生の歩み方はそれぞれなので正解も間違えもないという信念を持ち合わせる。
RELATED POST