ブログ運営

【アフィリエイト記事の文章構成】読まれるとは?【初心者向け】解説

へびくん
へびくん
ブログを書く上での文章構成が知りたい
ねっとここむ
ねっとここむ
人によって文章構成は異なるから説明していくね!

文章構成といえば「SDS法」や「PREP法」や「PASONA法」などがありますが、結局のところブログは「結論・理由・根拠・具体例」に付きます。

たくさんの文章構成の法則がある中でもブログは読者に読まれやすい文章で、問題意識を解決させやすい文章の方が読みやすいとされています。

最初の冒頭で結論を書いて理由付けをした方が読者の問題意識を認識しやすく、そのあとに理由・根拠・具体例を添えていく方がリズム感があるので、脳に残りやすいです

また、内部リンクに誘導しやすいのでSEO対策に適した文章構成ともいえるでしょう。

ブログの文章構成とは?問題意識を解決できる記事を作成しよう!

ブログ記事で読者の目を留めるには主張型である「結論・理由・根拠・具体例」の型をしっかりとマスターしたほうが、SEO対策的にもいいこと尽くしです

最初に結論を述べることで、読者にこれから解説するモノを提示することができます。

結論を述べれば後は言葉のレールに沿って文章を書くだけなので、読者の頭にも残りやすく、評価の高い記事としてGoogleからの評価を高く得ることができます。

ブログの文章構成テンプレート

文章構成テンプレート

  1. 結論:問題意識の開示
  2. 理由:なぜ、そうなるのか
  3. 根拠:結論が正しい理由
  4. 具体例:正しいと根拠付ける具体例

テンプレートがあるので、この文章構成に沿って文言を入れていけばブログ記事が完成します。

SEO対策的にもこの文章構成は非常に良いので、アフィリエイトブログだけに限らず、ブログの文章を書く際は徹底していくといいでしょう

私のブログもそうですが、有名ブロガーの人たちもこの文章構成を採用しており、読者に読まれやすい文章を執筆しているので参考にしていきましょう。

文章の冒頭で結論のないモノは問題意識が明確ではないので、ブログタイトルの回答がどこに執筆されているのかわからないために、読みづらい文章だと認識されてしまいます。

文章構成の例をわかりやすく披露

上記のテンプレートだけではよくわからないと感じる方も少なくないでしょう。

ブログ記事を作成する際にわかりやすいように例文を披露していくので、この例に従って執筆していくといいです。

文章構成の例

  1. 結論
  2. →h2のタイトルとその下に2~3行の文章で結論をまとめます。

  3. 理由
  4. →慣れるまでは「なぜなら」という文言に続けましょう。

  5. 根拠
  6. →実際に事が示されていることを紹介。

  7. 具体例
  8. →具体例は画像で示す場合が多いですが、例を踏まえれば大丈夫です。

アフィリエイト記事を作成方法とは?手順に沿って構成しよう!

アフィリエイト記事だけに限らず、ブログ記事を執筆するには正しい手順を踏んでいく必要があります。

一通りアフィリエイト記事の作成方法を身に着けることができれば、いつでも収益化をすることでモチベーションを高く保つことができます

読者に読まれる要素を含めた文章構成になっているので、以下の方法手順をしっかりと踏んでいきましょう!

  1. キーワード設計
  2. 記事設計
  3. 購買設計
  4. タイトル選択
  5. 文字構成

ステップが5つあるので面倒くさいと思いがちですが、これでブログ記事を収入化することでお金を稼ぐことができるので、面倒くさいとしてもしっかりと構成したほうがいです。

では、どのような構成を作っていけばいいのかを一つづつ解説していきます。

キーワード設計で読者に読まれる記事を作る

キーワードを使うのであれば、GRCやラッコキーワードのツールを利用して競合サイトよりも検索上位に表示されるようにしていきましょう。

競合サイトに勝てるキーワードを設計するのであれば、ロングテールキーワードを使用するのも一つの手段です

2個3個のキーワードを予め決めておくと、人物像を想像しやすくなるので意識していくことが必要です。

記事設計で人物像を明確にする

記事設計をするとなれば、ペルソナ設定をして読まれる読者の人物像を明確にしていく必要があります。

人物像を明確にしておくと、読者の問題定義だけでなく、購買設計でも役に立つのでペルソナ設定を習慣付けておくと設計しやすいです。

詳しいペルソナ設計の話に関しては下記の記事で復習をしていきましょう!

購買設計でブログサイトを収益化

購買設計というのはASPなどの広告を示しており、これを無理やり導入しても関連性が無ければ収益化をしても意味がないと言われています。

実際にブログ運営の記事で保険の広告を張っていても、誰もクリックや購入をすることはないことでしょう。

あくまで関連性の高いASP広告を厳選した上で使用していくことがベストです。

ブログタイトルを決めてバズらせる

ブログタイトルは可能であれば、検索結果の際にすべて表示されるように32文字以下で設定することを心がけましょう。

32文字以上にしたらSEO対策が、読者が減るということは特にないのですが、検索エンジンの結果で流入してくる読者はタイトルを見た上でクリックするので、すべて表示されなければ意味がないからです。

その限られた文字数でキーワードを含めることを意識できれば、Googleからの評価を高く得ることができます。

文字構成作成で読みやすい記事にする

文章構成といえば、「です・ます調」や「レイアウト」のことですが、読者との関係性が大いにあるので、気を付けていく必要があります。

読者に対しての文章を執筆しなければ、問題定義所の話にはならないので、ブログ記事完成後は2度読み直してみるといいです

文字構成に関して少しでも自信が無いと感じるのであれば、下記で知識を補っていきましょう!

ABOUT ME
まふゆ らん
ブログを長いことやっています。 ブログ|アフィリエイト|猫を日々愛して毎日を送っています。 フリーなので、大体はPCかスマホとのにらめっこです。 人生の歩み方はそれぞれなので正解も間違えもないという信念を持ち合わせる。
RELATED POST