過去記事のまとめ

【ベンガルの飼いにくい理由】本当なの?嘘なの?【猫の気持ち】解説

ロゼッタ』と呼ばれるヒョウのように美しい虎柄を身に纏っているベンガル。その美しさから一緒の時を過ごすのに最適だと言われています。
そんなベンガルですが『本当は飼いにくいのでは?』という声もあるので本来どの様な性格を持ち合わせており、どの様な性格をしているのかを解明して行きます!

ベンガル猫とは?


とにかく見た目御美しさを兼ね備えた美しい外観が人気となり、その触り心地に惹かれてベンガル猫を飼いたいと思うようになると言われている。見た目のヒョウ柄から小さな『ヒョウ』と言われており、オスが5キロ~7キロ程でメスが3キロ~5キロ程と性別によって体重が異なってきます。
ベンガル猫は『飼いやすい』と言う人から『飼いにくい』と言う人もいますが、本来はどうなのでしょうか。猫には適した環境があります。どのような環境下でベンガル猫を飼うことがベストなのかを見ていきましょう。

ベンガル猫の性格は?

とても元気で見た目とは程遠いいほどの重度の『甘えん坊』なのです。一般的なイメージだとやはり『ヒョウ柄』という事で我々人間には懐かないと勝手な妄想があります。本来は見た目とは違う可愛らしい性格をしています。うちの猫は病気。食べ物を食べるのに痩せる?食べないで吐く?
遊ぶことが大好きなベンガル猫は『運動』や『』が大好きです。猫には珍しく、水が『大好き』なのです。飼い主が料理をしていたら飛んでくるほどです。運動が大好きなベンガル猫にとっては『キャットタワー』を用意しておいた方が良いでしょう。また、遊ぶのが大好きなのでおもちゃに飽きずに反応してくれる姿も。

ベンガル猫の特徴

何といっても特徴は『ヒョウ柄』です。ヒョウの様に凛々しい姿、美しい姿が特徴です。猫の中では珍しく『水が大好き』なので個体差は有りますが水遊びが好きなベンガル猫も多いのでお家で水遊びが出来ちゃいます。お風呂に入れる際も嫌がる素振りを見せないので引っ掻かれることもあまりないです。犬好き人間が猫を飼うと犬の様な猫に性格が変化する!?
周りに凄く敏感に反応するベンガル猫です。結構、物事に反応しやすい性格なのでストレスを抱えやすい一面も有ります。ストレスを抱えやすい一面、遊ぶことが大好きなベンガル猫なのでしっかりと運動させればあまり問題はありません。

ベンガル猫の寿命

ベンガル猫は他の猫と比べても丈夫な体質をしていますので、特別に何かをしてあげなければならないことはありません。平均的な寿命は『12歳~15歳』の間と言われています。環境に敏感なベンガル猫なのであまり刺激をしない様に飼うことが長生きしてもらう為のコツです。
猫の白血病に対して『免疫』を持っていると考えられているベンガル猫は白血病に非常にかかりにくいとされているので病気になるリスクは他の猫と比べるとわかりますがほとんどありません。

暮らし方で見るベンガル猫


遊ぶことがとにかく『大好き』なベンガル猫なのですが、環境に非常に敏感です。そんなベンガル猫はどのような暮らしを好むのか。どのような環境下で暮らすのがベンガル猫にとっての『幸せ』となるのかを見ていきたいと思います。
環境に敏感なベンガル猫は引っ越しの多い場所で飼われると何度も『ストレス』で体調を壊してしまう恐れがありますので『引っ越し』の多い家庭にはあまり向かないのがベンガル猫と覚えておきましょう。

一人暮らしでベンガル猫

一人暮らしの家にベンガル猫を向かい入れる事は勿論、大丈夫なのですが問題点がいくつかあります。ベンガル猫は遊ぶことが非常に大好きです。じゃれることも大好きです。一人暮らしでベンガル猫一人にさせてしまうのはどの猫でもそうですが『寂しい』思いをしてしまいます。
一人でいても暇に、寂しくならない様に『キャットタワー』や『おもちゃ』の用意をしっかりと準備する必要があります。それでも他の猫に比べて『運動量』の多いベンガル猫からするとストレスになりかねませんのでオススメとは言えません。

家族でベンガル猫

飼い方としても環境的にもベンガル猫を飼う為のベストな環境だと言えます。家族で飼えばベンガル猫を一人にする事がありませんので『寂しく』思う時間がありません。また、引っ越しなどの環境の変化もあまりないと思えるので敏感なベンガル猫でも安心して暮らせるというわけです。猫がおもちゃに唸る!?威嚇してる?唸る気持ちの意味
家族の中で飼うことが出来れば本人が外出先に居ても『ゲージ』の中で過ごすことも無いですし、遊び相手がいつもそばにいる環境はベンガル猫にとってとても幸せなことです。

社内飼いでベンガル猫

社内で飼う猫として選ぶのはなかなかリスクを伴います。ベンガル猫は『おっとり』していません。見た目からして甘えてこないと判断しないでください。重度の『甘えん坊』です。いつでも構ってほしいと思っていて、運動量が非常に多く飛び跳ねるのが大好きなので社内の作業量が減ってしまう恐れがあります。絶対に試す価値あり!猫の上手な叱り方4選。関係を築く為に。
ベンガル猫にとっても構ってくれないのであれば非常に『ストレス』を抱えることになります。また、社内には人が入れ替わり入ってくることから『ストレス』を非常に抱えてしまう傾向があります。その結果、社内を全力で走り回ってしまう可能性があります。

ベンガル猫は飼いやすい?


人によって『飼いやすい』とされていたり『飼いにくい』とされていることが有ります。ベンガル猫の飼いやすい部分と飼いにくい部分に分けて説明していきます。ベンガル猫を飼う前にどんなところが良くて悪い部分なのか把握してから飼いましょう。
また、運動量の多いベンガル猫の理想と言えるベストな飼い方を紹介するので参考までに見て頂ければ幸いです。

ベンガル猫が飼いやすい

広く大きい『スペース』と『キャットタワー』があると飼いやすいです。飼いにくい場合は下記に記載があります。がベンガル猫は上記でも記載がる様に『運動量』が他の猫と違い断然上です。飼いやすいと思っている方々はベンガル猫を配慮した広い部屋とキャットタワーがあります。猫と暮らすと癒し効果!?もふもふが最高!なぜか仕事が楽に!
もしくは『多頭飼い』です。ベンガル猫はとても社交的な性格なので遊び相手がいると『構って』攻撃が無くて快適に過ごせるのでストレスをため込まない。

ベンガル猫が飼いにくい

部屋の中が狭い又はキャットタワーが『無い』のであれば当然の様に『飼いにくい』です。ベンガル猫はストレスを溜めやすいので十分な走るスペースが無ければストレスを解消できません。結果、色々な場所に登ったりコードを噛んでしまったり言うことの聞いてくれない『噛み猫』となってしまう可能性が高くなります。
ベンガル猫が『噛み猫』となってしまう『ストレス』を抱えてしまうと『鳴きやまない』のは勿論、 飼い主の手=おもちゃ になってしまうので結果、飼いにくくなってしまいます。

ベンガル猫の理想な飼い方

広くて走り回れるほどのスペースがあり、上まで登れるキャットタワーがある場所で思う存分ストレス解放できる部屋で飼うことです。+αで多頭飼い『最初が肝心?仲良くなる方法』で仲良くなれば『遊び相手』にもなりますし、『寂しい』思いをする事も少なくなります。ベンガル猫はとりあえず『スペース』が命です。

ABOUT ME
まふゆ らん
ブログを長いことやっています。 ブログ|アフィリエイト|猫を日々愛して毎日を送っています。 フリーなので、大体はPCかスマホとのにらめっこです。 人生の歩み方はそれぞれなので正解も間違えもないという信念を持ち合わせる。
RELATED POST